こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

「いいねするだけで1日2万円」

いいねで


インターネットでこういうような広告をよく目にします。

これを見た時に思い出したのは、出張ホスト詐欺です。

出張ホストに登録しようとする男性から、様々な理由でお金を詐取する詐欺です。

この手の詐欺の鋭い点は、

徹底的に胡散臭いことです。まさかこんな詐欺に引っかかる人はいないだろうという点です。

賢い人がサイトに来るのを避けるためでしょう。これを真に受ける人は判断力がかなり乏しい人のはずです。

そういう人達だけ相手にする方が詐欺の効率はぐーんと上がるでしょう。

1000万人がこの広告を見て、0.1%(1万人)が引っかかって、1万円の登録料を払えば1000万円になります。元手はタダで(あるいは完全な詐欺にならないように、数人には本当に2万円払ってもいいでしょう)。

一度メールアドレスを登録したら、その後さまざまな詐欺のメールがあるでしょう。資格商法詐欺のように。


<こういう詐欺で、会社員や公務員を辞めた人って何人も知っています。くれぐれもお気を付けください。老婆心ながら>

「国家は株式会社ではありません」  by 内田樹

「株式会社化する政治」



多国籍企業


以下は要旨です。

良いパッケージ(コンテナー)に良い製品(コンテンツ)を入れて販売し、大きな声で宣伝する。

優れたものでも、分かりやすくなければ売れません。そのためには民主的な方法ではなく、ワンマンな経営者の独断専行が必要です。

経営戦略が正しいかどうかは「マーケット」が判断を下します。瞬時に。

資本主義とはそういうものです。多くの日本人はそういう思考に慣らされています。

そんな風になんでも株式会社の論理で理解しようとします。

政策もそうです。

ですがそれで本当にいいのでしょうか?

国家も国民も政策も商品ではありません。

会社が潰れたら出資金を失えばそれで責任を果たせます(有限責任)が、

国が間違いを犯したら、その責任は子供たちの世代が延々と取り続けなくてはなりません(無限責任)。

多くの異なる意見の人が話し合って物事を決めるのには時間がかかります。

時間をかけて合意を形成しようとするうちに、歴史の淘汰に耐えない思い付きの政策は消えて、本来残るべきものが残ります。

重大なことを決めるには全員が真剣に話し合うことが必要です。全員がその決定に責任を持つためには。


<内田樹さんの「株式会社化する政治」にこんなことが書かれてました。内田さんは毀誉褒貶のある方のようですが、時々ハッとするようなことを言います>


同門会

同門会っていいですね。



御茶ノ水
(「銀世界十二景・お茶の水雪中の美人」 by 安藤広重)


同じ師匠の門下生の集まり、という意味です。医者の世界で良く使われる言葉だと思います。

医学部を卒業して各科の医局に就職することを入局と言います。

大学の医局の正式名は「…医学教室」と呼ばれることが多いです。教室の代表は主任教授です。

同門会とは、同じ大学の医局に集まった人の集まりです。出身大学は問いません。

先日母校の同門会に出席しました。

久しぶりに、同期や先輩に会いました。

同期っていいですね、心おきなく馬鹿なことが言えて。

先輩っていいですね、怒ってくれたり、甘えさせてくれたりして。


<もう一つ属している同門会には先輩がいないので、特にそう感じたのでしょう>

タバコの規制

毎週ジムの帰りにファミリーレストランで食事をします。



タバコ3


禁煙席か喫煙席かと聞かれます。7対3くらいで禁煙席を希望します。食事をする時にタバコの煙を吸いたくはないので。

喫煙席を選ぶのは、禁煙席が混んでいる時です(カウンターの禁煙席よりも、テーブルの喫煙席の方が好みなので)。お店の方はタバコを吸っている方から遠い席に案内してくれます。僕がタバコを吸わないことは(おそらく)知っているので。

タバコを吸う人と吸わない人が一緒にお店に行く場合には、どうなるのでしょうか。

僕なら、タバコを吸う人に合わせて喫煙席に行きますが、二人の関係によっては問題になるのではないでしょうか。

分煙って難しいですよね。

いっそのこと、タバコを吸えるお店を届け出制にしてはどうでしょうか。喫煙店ではタバコを吸う人が優先で、吸わない人も行くことはできるけれど、喫煙に対しては文句を言ってはいけないというふうにしたら。

全面禁煙、分煙、喫煙の3つに分けるわけです。

僕はどの店にも入れるので、個人的には困りませんが、

どの業態が一番収益が上がるでしょうか。興味深いです。


<体に悪いことをする権利もあると思います。ギャンブルや風俗営業があるように>



「戦争中の方がまだましだった」 by 瀬戸内寂聴

日本は原爆を2度受けてて、わたしが生きてきた90年でね、こんな悪い時代はなかった、って言っているの。



戦争中の方がね、まだ、ましでしたよね。

恐ろしい国ですよ。滅びつつありますよ。

これから生きていくね、若い人とかね、子どもたち、生まれてくる子はどうするんですか?と、

どうやってそれをね、平気で恐ろしい国に渡せるんですか?
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら