こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

「ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST」(カッコーの巣の上で)

カッコーの巣の上でs

カッコーの巣の上で


・主人公のマクマーフィ(ジャック・ニコルソン)は精神病を装うことで投獄を逃れて、

・精神科の病院に入院し、

・管理主義的な病院に反抗しますが、

・ロボトミー(現在は行われません)によって廃人にさせられてしまいます。

(以下略)


監督のミロス・フォアマン(「アマデウス」の監督です)はチェコの出身ですが、実父はユダヤの建築家、養父は反ナチ思想の大学教授で、両親は共に強制収容所で亡くなっています。

このことが、彼に「カッコーの巣の上で」を撮らせたのかもしれません。


この映画は以前にも取り上げましたが、あえて書かなかったことがあります。

実はこれを見た時の第一印象は、「何てきれいな病院なんだろう」でした(精神科病院の悲惨さを描いた作品を見て、「素敵だ」と書けませんでした)。当時(1975年)は、こんなに清潔な病院は日本にはまずなかったと思います。映画「ヒポクラテスたち」と比べても歴然と。

当時を思えば精神科の病院は見違えるほどきれいになりました。天国と地獄ほどに。

そして、それに呼応するように(と言っていいでしょうか)、統合失調症は病院で過ごす病気ではなくなりました。一般の人と同じように、学校に行き、働き、家庭を作ることが当たり前になりました。

統合失調症は、早く見つけて適切に治療すれば良くなる病気になりました。

H30年4月に、東大病院に「統合失調症AYA世代センター」がオープンします。AYA(Adolescent and Young Adult: AYA)世代とは、10代~20代(30代を含める場合も)のことです。

若い患者さんを対象にした新しい入院プログラム(「ディスカバリープログラム」)や、一人一人の希望や目標に即した治療法、多職種による包括的なケアなどが行われるとのことです。東大が旗を振ってくれるなら期待できますね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
6位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら