こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

「オレキシンとPTSD」  by 筑波大学  2017年11月20日・プレスリリース

筑波大学は、オレキシンが恐怖を感じるレベルを調節し、

PTSD(心的外傷後ストレス障害)で見られる「恐怖記憶の汎化」に関与していることを発表しました。

金沢大学、理化学研究所、新潟大学との共同研究です。(「オレキシンについて」もご参照ください)



「恐怖記憶の汎化」とは、恐怖に関連した音や匂いなどと似た感覚が恐怖を引き起こすことです。これはPTSDの典型的な症状です。

 ・レイプ犯が乗っていたのと似た車、その人に似た男性、その人のつけていた整髪料やタバコの匂いが恐怖をもたらす人。
 ・事故にあったのと似た交差点が怖くて運転できない人。
 
研究グループは、遺伝子改変マウスを用いて、

オレキシンが脳幹の青斑核でNAニューロン(ノルアドレナリンを作り出す神経細胞)を刺激し、恐怖に関連した行動を調節していることを発見しました。

また、恐怖は扁桃体に記憶されていますが、オレキシンによる刺激をうけたNAニューロンは扁桃体に作用して恐怖記憶を汎化させ、恐怖の応答を強めることが分かりました。

   オレキシン→青斑核のNAニューロン→扁桃体→恐怖の汎化

オレキシンニューロン
(LC:青斑核)


ということは、

オレキシンの働きを妨げればPTSDの症状やパニック発作を緩和できる可能性があるということです。睡眠障害の治療に使われているオレキシン受容体拮抗薬(スボレキサント)が効くかもしれません。極めて画期的な発見です。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
4位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
4位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら