こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

大人のADHD と 子供のADHD という嘘?  

大人のADHDと子供のADHDについては、


何度かこのブログに書いています(「大人のADHDと子供のADHDは別の疾患?」)

1年前の5月にはかなり控えめに書きました。

根本的な問題についてはあえて触れませんでした(混乱するので)。今回はこれを取り上げることにしました。

前回のブログを再掲します(一部省略します)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある町で生まれた子供(1972年4月~1973年3月)全員(1037人)を、数年おきに追跡調査した研究があります。前向きコホート研究です(ダニーディンスタディー)。

この研究の一部として、ADHDを調べたものがあります(American Journal of Psychiatry に掲載されました)

 ・子供時代のADHD:11歳、13歳、15歳の時に、DSM-III の基準で診断。
 ・大人のADHD:38歳時点でDSM-5の基準で診断(「12歳になる前から症状が存在」と言う項目は考慮に入れず)。

結果

 ・子供時代のADHD:6.0% (61人)、
 ・大人のADHD:3.1% (31人)、

という結果でした。

衝撃的なことに、

 ・子供時代にADHDの診断を受けた61人のうち、38歳の時点でADHDの診断を受けた人は3人でした。
 ・38歳時点でADHD の診断を受けた31人のうち、27人は子供時代にADHDの診断を受けていません。


再掲は以上↑

ーーーーーーーーーーーーーーーー


あえて問題としなかった点を、今回は取り上げます。

ADHDは定義上、子供時代に発症していなければなりません。

子供のADHDの診断はDSMーⅢで診断されているので、7歳未満からADHDの症状があったことになりますが、

大人のADHDはDSM5で診断し(12歳未満からADHDの症状があることが条件)、しかも「12歳未満から症状が存在」という項目を除外しています。これはこの研究の趣旨としてはもっともですが、本来は12歳未満から症状がなければ、ADHDと診断できません。

本来の診断基準に立ち返ります。

38歳の時点でADHDと診断を受けた人の内、27人は子供時代(この研究では11、13、15才の時点で)にADHDの診断を受けてない(=「7歳以前からADHDの症状があり、その時点でも症状があった人」ではない)ことになります。

もちろん、この27人のうち、何人かは、8歳~12歳の間にADHDの症状があったけれど、7歳以前から症状がなかったので、ADHDと診断されなかった人はいるでしょうが、おそらく少数でしょう。どんなに多く見積もって5人は超えないでしょう。

とすると、多くても(4人+5人=)9人しかDSM5でADHDと診断されないことになります。つまり(31人ー9人=)22人はADHDと診断できません。

(これをADHDと診断したら誤診です。ざっと3分の2が誤診になるわけです)。

もちろん診断できなければ、ADHDの治療することは(本来は)出来ません。

ちょっと賢い高校生なら簡単に分かることですが、この二つは別の疾患以外の何物でもありません。

この問題はとても重要ですが、あまり取り上げられていません。

真正面から取り上げると、厚労省や製薬企業を揺るがす大きな問題になるからでしょう。

(意図的に隠蔽しようとしているのでしょう)

これをそのままにしておくと、ADHDの診断も、研究も、治療も進みません。

砂上の楼閣は必ず崩れます。専門家は真摯にこの問題に向き合うべきだと思います。そうでないと、うつ病の二の舞になります。診断が違えば、薬は効きません。


<「成人発症のADHDに似ている疾患」の患者さんの典型例の方々には、アトモキセチンなどの抗ADHD薬は効果的な印象があります>


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
6位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら