こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

北方領土について

北方領土問題とは(外務省のホームページ参照)



北方4島


北方四島(択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島)は日本人が発見し、統治を確立した日本固有の領土です。

しかし、ソ連は第二次大戦末期(1945年)に日ソ中立条約に違反して対日参戦し、日本がポツダム宣言の受諾して終戦となった8月15日以降も、一方的に侵略して樺太や北方四島を占領しました(南樺太はサンフランシスコ講和条約で放棄させられました)。


氷雪の門


(このあたりのことは「氷雪の門」を映画館で見るまでは良く知りませんでした)

北方領土問題があるため日本とロシアはいまだに平和条約を締結していません。

現在ロシアとの交渉の状況は、

1956年の日ソ共同宣言で「平和条約締結後の歯舞、色丹2島の引き渡し」は合意されており、それプラスアルファの条件をロシアが飲むかどうかが問題という段階ということ(建前)になっていますが、ロシアが返還に応じる可能性はないでしょう。日本がアメリカの属国だからです。


北方



さて、この1956年の日ソ共同宣言が成立した経緯について以下に書きます。

日ソ国交回復(戦争状態の終結)の交渉は、1954年12月に鳩山一郎(鳩山由紀夫元首相の祖父)内閣が発足して始まりました。交渉には代議士になったばかりの外交官出身の松本俊一が全権としてあたりました。

1955年ロンドンで行われた交渉は難航しました。ソ連は日本に歯舞群島と色丹島の2島を返還して日ソ平和友好条約を結ぶことを主張し、松本全権もそれが妥当としましたが、国内の反鳩山(吉田茂など)の反対で交渉は決裂しました。

1957年7月に重光葵外相を全権としてモスクワで交渉が再開されました。当初、四島返還を強硬に主張していた重光全権は態度を変え、「二島返還を可とする」という電報を日本に送ります。合意までもう一歩というところでした。

ところが、


ダレス
(ダレス兄弟:兄・国務長官、弟・CIA長官。大統領より力のあった兄弟です)



交渉期間中の1965年8月、重光葵はロンドンでダレス米国務長官と会談し、恫喝されます。

「日本が国後島と択捉島を放棄するのなら、サンフランシスコ講和条約第26条に基づいて、沖縄をアメリカに併合する」(「ダレスの恫喝」)。

(第26条:日本が戦後処理で、ある国に講和条約締結内容以上の利益を与える場合には、他の講和条約締結国にもそれと同程度の利益を与えられねばならない)

ダレス恫喝により、日ソ平和条約の締結を諦め、領土問題が未解決なままの国交回復になりました。この妥協の産物が日ソ共同宣言です。

ダレスは、日米安保体制の「設計者」です。



六本木米軍基地


その最も重要な点は「アメリカが、日本国内の好きな場所に、必要な規模で、いつでも、そして必要な期間に基地を置くことが出来る」ことです(目を瞑ってイメージしてください。六本木ヒルズの隣にもですよ)。


六本木 米軍 ヘリコプター基地



ダレスは現在まで続く日本の「対米従属」(=植民地化)の枠組みを決めた上に、日ソの和平にも干渉したわけです。日本がソ連と接近するのを避け、アメリカ従属を強固にするために(おそらく)。

ロシアは北方領土の返還には応じないでしょう。米軍が北方領土に基地を置くことを日本が拒めない以上。

日本は、近代国家を構成する三要素(国民、国土、国境)の一部をアメリカに委ねています。主権国家の要件を欠いているわけです。他国によって主権が制限されている国とは、とりもなおさず属国ということになります。


<戦後70年が過ぎ、日本が主権国家だった時代を生きた人は残りわずかです。太田昌秀さんが亡くなりました。92歳でした。ご冥福をお祈りいたします>



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
5位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら