こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

教育というプロパガンダ

行動遺伝学によると、



行動遺伝学



論理的推論能力の遺伝率:68%(非共有環境=家庭や親以外の環境:31%)、一般知能の遺伝率:77%(非共有環境23%)です。

(親の関与は共有環境ですから、この二つの能力への親の寄与はほぼゼロです。もっとも学業成績への共有環境の寄与は17%、言語性知性では58%と高いですが)

親が子供のお尻をたたいて勉強をやらせれば、学校の成績は良くなるかも知れませんが、知能は高くならないということです。その上学校の勉強の大半は社会に出て役に立ちませんよね(入試以外には)。

橘玲さんの「言ってはいけない 残酷すぎる事実」で知りました。

これを言うのがタブーになっているのは、真実が明らかになると教育が成立しなくなるからです。

ということは、

逆に言うならば教育の目的は、

「努力した人は、多くの報酬を受け取り、努力を怠ると罰を受ける」(=勉強すれば、いい学校から、いい会社に入って、いい生活が送れる)、

という考え(イデオロギー)を大衆に刷り込むことです。

何のために?

・それによって、教育産業は潤うでしょう。もちろん教育産業はこの欺瞞に気付ています(だから元々優秀な生徒を特待生として集めるわけです)。

・文句を言わずに黙々と仕事をする従順な労働者が育ちます。企業にとっては好都合です。

ですがより本質的には、

・「成功したのは、努力した結果だ」と、成功している人たちが自己正当化する(あるいは成功してない人の嫉妬を避けるため)です。

ですがそれは嘘です。

学校で頑張って勉強することと、世の中で成功することの相関はかなり低いと思います。親から受け継いだ財産や知能を学校の勉強以外に注いだ人に比べるとはるかに。

学校の勉強をしても頭は良くならず、無駄なことを覚えるヒマがあったら、役に立つことを自分で勉強する方が何倍もいいと思います。

「ドロップアウトのえらいひと」(by 森永博志)を読んで、その意を強くしました。真面目に学校の勉強をする人はまず成功しないと思います。

いつも同じことを言っていますが、夢中になれることをしなければ損だと思います。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
5位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら