こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

恋愛と結婚

恋愛と結婚は別だと言いますよね。


心中天の網島
(心中天網島)


日本人が恋愛結婚をするようになったのは戦後です。アメリカの一夫一妻制が導入されたからです。

それ以前は恋愛結婚はタブーでした。結婚は家同士のもので、子供の頃から許婚(いいなずけ)として決められていることも多かったし、兄が死んだら弟と結婚するのも普通のことでした。結婚して3年子供ができなかったら一方的に離婚を言い渡されたり。

江戸時代の恋愛は、吉原などの遊郭にしかありませんでした。特別な階級にのみ許されていたといえます。

小春と治兵衛の「心中天網島」も、梅川と忠兵衛の「冥途の飛脚も、恋愛の対象は遊女でした。一般人の恋愛は悲しい結末をむかえました。

恋愛や結婚のあり方はその時代によって変わると言っていいでしょう。

恋愛結婚とは、結婚するきっかけが恋愛関係だった結婚ですが、「恋愛」は無条件にいつまでも続くわけではありません。そうなった場合には結婚を継続させるための別のモチベーションが必要となります。

それが子供だったり、経済だったりします。

いずれ子供が一人前になり、その後の生活におおよその見通しがついた場合には、「卒婚」もいいかもしれません。離婚はしないけれど、必要以上に相手を縛らない関係です。

料理や洗濯はそれぞれがすればいいですよね。自由に旅行をしたり。


<若い人が恋愛に対してとても淡泊になっているように感じます。これも時代でなのでしょう>

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら