こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

セクシャルマイノリティ(性的少数者)の当事者の方の講演を聴いてきました。

自殺ネットワーク山梨がCoPrismという当事者の団体の代表の飛嶋一歩さんを招いて開きました。


オーバーザレインボー


これまでは、医療と言う狭い枠組みで性同一性障害などの方々と接してきたことに気づきました。「性」はそれよりはるかに広がりを持っています。

性的マジョリティは、何気ない言葉で性的マイノリティを傷つけていることに気づかされました。声を潜めて生活している多くの性的マイノリティに配慮した言動が必要だと思います。

以下は性に対する個人的な考えです。

性とは女性から男性へと途切れなくなだらかにつながっている(=グラデーション、スペクトラム)と思っています。うつ病がおそらくそうであるように。

性格や振る舞いという点ではおそらく脳の特性が関与しているでしょう。

その説明の一つとして、アンドロゲンシャワー説があります。

脳は元々は女性脳として形成され、妊娠6~24週にかけて男性ホルモン(=テストステロン=男性ホルモンの一種)を大量に浴びることで(=アンドロゲンシャワー)男性脳として分化します(「人差し指と薬指」参照)。

その過程が円滑に進まないと男性脳にならないわけです。

もっともその理解は、性的マイノリティを理解する際の一部にしか過ぎず、そういった一面的な解釈によって抜け落ちてしまう(あるいは偏った解釈となる)ことも多いと気づかされました。

講演の内容は、性的マイノリティに関する知識全般、適切なマイノリティへの対処方法で、その大きな柱は「常識を見直すこと」でした。これまでの知識の整理にもなったし、知らなかった視点について目を啓かせていただきました。

講演の形式は、自由な討論をする時間を所々で挟み込んだ双方向的なもので、少人数のクローズドな会では有効だと思います(今後、使わせていただこうと思います)。


<性的少数者はLGBT(=レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(出生時に診断された性と、自認する性の不一致)と一般的には呼ばれてますが、この呼称だとはそれ以外のマイノリティが抜け落ちてしまので最近では使わないそうです。どこまでを性的少数者と呼ぶかは悩ましい問題です(ペドフィリアはどうするか、SMは?など・・・)>


スポンサーサイト
コメント
科学で線引きされたくないという想いにも頷けたり、

もし自分自身に何かわからない自分がいたら科学で数値化してもらってモヤモヤした霧を晴らして歩きたいと思ったりしながら聞いていました。


どちらも間違いないだろうと思いつつ。


もし私が医師だったとしたら、受診した対象者について診断をするとき、
例えば、迷子になっている患者に対して
あらゆる方法を試したいと思うに決まっています。

どちらにしても目標は、当たり前に求める生きやすさのためだと思うので
深いやり取りだったと思います。

とても敏感なことではありますが、本当は講演会など必要ない平らな社会になればいいのですよね。

また機会があればぜひ
2016/12/06(火) 16:30 | URL | えきまえ #1wIl0x2Y[ 編集]
感想をお書きくださり、ありがとうございます。
先生と対話できたことで医療からどう見られるか、というのを実感できる良い機会となりました。
ありがとうございました。

なお、LGBTは本来は4つのカテゴリーだけでなくその他のセクシュアリティも含む言葉でありますが、
4つだけを意味するのではないかと誤解を招くので最近は性指向と性自認の頭文字である
SOGI(ソギまたはソジ)を国際的には使うことが増えてきている、といういうのが正確なところです。

2016/12/21(水) 19:51 | URL | 飛嶋一歩 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら