こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

オプジーボ薬価が下げられました。

オプジーボの薬価が下げられました。


あまりに高すぎて健康保険制度が破綻するからです。

日本では薬の値段は国が決めています。これは極めて重要なことです。

新しい薬が開発された場合、

  ・似た効き目の薬がある場合には、それと比較して決めます(=類似薬効比較方式)。
  ・類似薬がない場合には、原価計算方式で決めますが、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスの4か国の平均を考慮します。

問題は、アメリカの薬価が異常に高いので平均すると馬鹿高くなってしまう点です。

なぜアメリカの薬価がバカ高いかと言うと、

アメリカ政府には薬価交渉権がないからです。

(2001年に全米最王手の保険会社ウェルポイント社の社員リズ・フォウラーが、医療関係法を管轄する上院の委員会に潜り込んで法の改正に携わり、その2年後にアメリカ政府は価格交渉権を失いました。彼女はその後会社に戻り副社長になりました。by 堤未果「沈みゆく大国」)

ですが、日本は幸い国が薬価を決められるので、今回は薬価を下げることができました。

以前もブログに書きました(「TPPの問題点・・・」)が、

TPPができると、これが不可能になります。

製薬企業は日本が薬価を下げたことによって損害を被ったと訴えることができるようになるからです。

これをISD条項(=投資家対国家間の紛争解決条項)と言い、投資紛争国際解決センター(=世界銀行傘下の機関です)がこの紛争を取り扱います。ところが、これまでにカナダとメキシコは一度もアメリカ企業に勝っていません(勝てない仕組みになっているからです)。

これは明確な国家主権の侵害ですよね。

ですが、日本は憲法98条の第2項によって、憲法より国際法を優先することになっているので、訴えられて負けたら、国内法を改正しなければなりません。

というわけで、TPPが成立するととんでもないことが起きます。もちろんこの影響は医療だけに留まりません。あらゆる分野に及びます。

トランプ氏に対しては毀誉褒貶があると思いますが、TPPの廃止は日本にとって絶対に必要です。新聞はこのことを1行も取り上げません。異様です。トランプ氏への懐柔策が成功すると予測しているのでしょうか。


スポンサーサイト
自信 | HOME | 遠慮
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら