こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

川上絵音さんが活動を自粛します。

未成年が飲酒することは禁止されています。


のりしろ


おそらくそれは、

「子供がお酒を飲むと体に悪いから、止めとこうね」というような意味だと思います。

かつて、高校を卒業したらお酒を飲むのは、ごくごく普通のことでした。

多くの人が高校の時にも飲んでいたし、

以前ブログにも書きましたが、中学の時に甲府の「どてやき」で、駐在さんからビールをご馳走になったりしていました。タバコも吸っていました。ちょっと大人を気取りたかったからです。

ですが、今ならその駐在さんは懲戒免職になるかもしれませんね。

19歳の女性がお酒を飲む場合、その責任はその女性にあると思います。強迫して飲ませたのでもない限りには。18才で選挙権も与えられる時代ですからね。

もちろん19歳の女性がお酒を飲むのは法律違反だし、

一緒にお酒を飲むのは誉められたことではないにしても、

同伴者がそれを止める義務(あるいは権利)はないと思います。保護者じゃないし、修学旅行を引率する担任の先生でもないんですから(高校の修学旅行はみんな二日酔いでしたけれど・・・)。

仕事をキャンセルまでしなければいけないのでしょうか。

だったら、知人の車に載せていただいている時に、80キロ制限の高速道路を90キロで走行するのを止めなければ同乗者も罪に問われると言うことですよね(怒られることを覚悟で運転してくれた運転手さんのことを以前ブログに書きました)。

共同責任を負わせることで、相互に監視させるつもりなのでしょうか。

窮屈な世の中になったものです。法律って「のりしろ」部分がないと、世の中がギスギスします。

そうか、これは法律じゃなくて、嫉妬を恐れてですね。

<もちろん、未成年の皆さんはお酒を飲んじゃダメですよ>




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら