こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

「危機」 by イエス  (1972年9月発売)     close to the edge YES

「危機」を聴きました。


危機 


アナログ盤を引っ張り出して。何10年ぶりでしょう。

YESの最高傑作です。プログレッシブロックの到達点の一つと言っていいでしょう。

僕が初めて聞いたのは、YES SONGSという3枚組のライブアルバム(1973年発売)でした。アメリカの田舎町のスーパーで買いした。

歌詞はまるで分かりませんでした。

作者のジョン・アンダーソンは、ヘルマン・ヘッセのシッダールタから着想したと、その後知りました。


シッダールタは、悟りを開こうとして修行(沙門:サマナ)に出て、川のほとりにたどり着きます。

「この水は流れ流れ、絶えず流れて、しかも常にそこに存在し、常にあり、終始同一であり、しかも瞬間瞬間に新たであった」


これは、方丈記の「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」と同じですよね。

時間は過去から未来に向かって流れているけれど、本質は変わらない、と言うような意味なのでしょうか。


Down at the end, round by the corner
Close to the edge, just by a river
Seasons will pass you by
I get up, I get down
Now that it's all over and done
Now that you find, now that you're whole

これを聴くと、その後46年間ではたしてロックは進歩したんだろうかという気にもなります。変化しつつ、その本質は変わってない。方丈記の世界を思い起こしました。


<「危機」というタイトルはマーケット的には秀逸だと思うのですが、意味としては外れているように思います。本来は「境界」とか「川べりにて」、あるいは「解脱」というような意味でしょう>


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
9位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら