こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

病気を隠す自由

心の病気(体の病気もですが)を持っている方が、


その病気について、明らかにするかどうかは、とても重要なことです。オープンにすることにはメリットとデメリットがあります。病気について理解のある職場なら、オープンにすることで適切な配慮がなされることが期待できるでしょう。

もっとも、その理解が今後何年も続くかどうかは分かりません。

明るくて前向きなキャラクターが仕事にとって重要な意味がある職業の場合(芸能人などはそうでしょう)、病気をオープンにすると、CMの仕事が減るかもしれません。死活問題です。

基本的でとても重要なことは、

病気かどうかを告げるか告げないかは、極めて重要な個人情報だということです。そのことを職場に告げなければいけない義務はありません。

部下の病状について知っておきたい上司がいるのは当然かもしれませんが、ご本人の承諾がなければ知ることはできません。

外来診察の際に同席して話を聞きたい場合には、聞くことが許されるのは患者さんが同意した内容に関してだけです。

休職や復職の際に、会社が用意した書式の診断書にすべて記入する義務は患者さんにはありません。その内容には重要な個人情報が含まれているからです。

特に人間関係の問題はデリケートです。たとえば、上司から性的関係を迫られていて、そのことを隠しておきたい場合とか。

ストレスチェックは心の病気になった方を早期に発見することだと誤解している一般の方が多いように思います(=これは2次予防です)。そうではなく、心の病気になる方を未然に防ぐために職場環境を整えるのがストレスチェックの目的です(=1次予防)。

ストレスチェックの対象は、職場であって職員ではありません。

それなので職員の個人情報は厳密に守らなくてはなりません。

心の病気に対する偏見が、今以上に減ることがとても重要ですが、すべてなくなることはないと思います。男尊女卑的な考え方もゼロにはならないし、伝統的な「家」に対する考えもゼロにはならないように。

病気であることをオープンにできる環境を目指すことは必要ですが、病気を隠す自由は常にあることがとても大切だと思います。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら