こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

「報道の自由」とは国民の「知る権利」に奉仕するもの(最高裁昭和44年11月26日大法廷)

われわれ国民は政府や政治家が何をやっているか分かりません。



ジャーナリスト


マスメディアの報道によって政策の内容などを知ります。マスメディアは国家の暴走しないように監視するのが役目です。

これが正常に働かないと、国家権力は好き勝手をします。マスメディアの役割は極めて重要です。

ところが現在マスメディアは機能していません。NHKをはじめ大半のテレビ局や、多くの新聞が政府の言いなりに記事を流しています。

<「政府が右と言うものをNHKが左と言うわけにはいかない」(by籾井勝人 NHK第21代会長)>

報道機関には「表現の自由」があります。これは憲法21条第1項に定められています。

<第21条1項:集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する>

ここで言う「表現」は、あらゆる表現活動ですが、国民の政治的な言論を守ることが、その本質です。国家は国民の政治的言動を弾圧してはならないということです。

<自民党改正案は「表現の自由」を骨抜きします。第2項を新設して:「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」>

国民は代表を国会に送り込む際に、その政治家がどんな人かが分からなければ、投票できません。そのために、「公人」である政治家のプラーバシーは制限されることが許されるわけです。

これが国民の「知る権利」です(それを極端に制限したのが秘密保護法です)。

(もっとも、単なる有名人は公人ではないので、写真週刊誌などが「知る権利」を振りかざして勝手にプライバシーを公開すべきではないと思います)

「報道の自由」は、国民の「知る権利」に奉仕するためにあります。

良質は情報はインターネットにありますが、国民に対する大きな影響力という点では既存メディアには遠く及びません。国民大半は、テレビや新聞にかかれていることを鵜呑みにします。

「テレビに出ている人が言っているんだから正しい」と思い込みます。

「政府が右と言うものをNHKが左と言うわけにはいかない」(by籾井勝人 NHK第21代会長)という暴論に象徴されるように、NHKを始め日本のテレビ局や大手新聞は自民党の広報になっています。

<政府経団連を通じて言論弾圧をするべきだ、沖縄の新聞は潰れるべきだ、と主張する人間をNHK放送委員にしたのですから(by 百田尚樹・その後辞任)。「プロパガンダの勧め」参照>

ーーーーーーーーーーーーーーーー

現在の天皇は象徴天皇です。そして護憲の考えをお持ちです。

日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました」  (by今上天皇 2013年天皇誕生日に)

NHKはこの部分を放送しませんでした(by 毎日新聞)。その理由は、天皇が政府に反する護憲発言をしたからです。政府は天皇の発言を検閲したわけです。

今回、天皇は生前退位の考えを示しましたが、そんな事実はないと宮内庁はすぐに否定しました(政府から圧力がかかったのでしょう)。

政府は、天皇を「象徴」から「元首」に戻そうとしています。これは明らかに戦前への逆行です。「万世一系」の天皇を国家支配のイデロギーにしようと目論んでいるのではないでしょうか。天皇を「象徴から「実体」へ、その先にあるのは「現人神」ではないでしょうか(僕の妄想ならいいのですが)。

穿った見方をすれば、天皇陛下はそれに対して異議申し立てをしようとされたのかもしれません。私はただ象徴という役割を担っているだけだと。

<あるいは政府は、天皇が退位して自由な立場になり、護憲的な発言をさせることを恐れたのかもしれません。政府のコントロールの元に置いておきたいのかもしれません>



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
9位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら