こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

フィッシャーの予算制約式 と やけっぱち消費

人は収入(予算)によって、いくら使うかが制約されます。


これを「(消費の)予算制約」といいます(これはまあ、当たり前ですね)。

いくら使って、いくら貯め、いくら投資するかは現在の状況と将来の予測によって決まります。

今たくさん使うと、将来使える額が減ります。今使うのを我慢すれば将来沢山使えます。

その配分をどうするかは人によって違うでしょう。今の100万円と老後の100万円のどちらに価値を置くか。

それに基づいて自らの効用を最大化しようとするわけです。

日本人は現在、世界一お金を使わないと言われています。もっとも江戸っ子は宵越しの金を持たないのが美徳だったし、バブルの頃もこぞって消費しました。

江戸っ子は、明日火事になって街がすべて燃えてしまうと思うからかもしれません(台湾の人も大陸から常にミサイルを向けられているので、将来のことをあまり考えないと言います)。バブルの頃は、日本の景気は永遠に良くなると感じていたからでしょう。

今お金が手元になくても、将来収入が増えると思っていると人はお金を使います。あるいは、将来お金の価値がなくなってしまうと思えばお金を使います。

フィッシャーさんの予算制約とはこんなことです。

現代の日本では、

・お年寄りは、老後が心配だからお金を使わず、
・若い人は、今後の収入が増えないと思うからお金を使いません。

そんなわけで日本人は亡くなる時に一番貯金があります。

ある日ふと「あの世にはお金を持っていけない」と気づいたお年寄りは、「えーい」とやけっぱちになってお金を使おうとします。クイーンエリザベスで世界一周とか、豪快寝台車で日本一周とか。これが「やけっぱち消費」です。

さて、おそらく「豪華客船世界一周」は思ったより面白くないのではないでしょうか。それよりも、若い時に100万円を元手に一勝負した方がずーっと価値があるのではないかと思います。

やけっぱちではなく、冷静に考えて若い内にお金を使った方が、「効用」は大きくなるのではないかと思います。

すぐに手に入る100万円を我慢してコツコツと仕事を続けて、10年後に1000万円を手にいれることができる能力のことを「報酬遅延」と言います。日本人は報酬遅延回路が働き過ぎているのかもしれません。

<ADHDの人は報酬遅延の能力が損なわれているので、目先の報酬に飛びつきます。もっともそれによって起業ができるのだと思います>

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
6位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら