さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「堕落論」by 坂口安吾

「堕落論」by 坂口安吾 サムネイル画像
「堕落論」by 坂口安吾日本は終戦で変わり、それまでの価値観や道徳は崩れたように見える。男は闇市で非合法なビジネスをし、未亡人は次の相手を探すようになった。けれど、それは日本人が変わったのではなく、世の中の表層が変わっただけだ。戦争中は未亡人の恋愛を題材とした小説は禁じられ、武士道が称賛されたが、それらは軍人政治家が作り上げたカラクリだった。戦後、「堕落」したと言われが、それが本来の日本人の姿なのだ...全文を表示
「堕落論」by 坂口安吾


日本は終戦で変わり、それまでの価値観や道徳は崩れたように見える。

男は闇市で非合法なビジネスをし、未亡人は次の相手を探すようになった。けれど、

それは日本人が変わったのではなく、世の中の表層が変わっただけだ。

戦争中は未亡人の恋愛を題材とした小説は禁じられ、武士道が称賛されたが、それらは軍人政治家が作り上げたカラクリだった。

戦後、「堕落」したと言われが、それが本来の日本人の姿なのだ。

戦争中の日本は、虚しい美しさが支配していた(運命を静かに受け入れて滅びていく人間の美=特攻隊の美)が、それは真実の美しさではない。

人間は堕落する。義士も聖女も。

堕落とは、本来の自分を取り戻すこと。

<現代日本は戦時中と似ています。権力者の作り出すカラクリに満ちた「健全なる道義」に縛られ、操られて、「堪え難きを堪え、忍び難きを忍」んでいるんです。日本人は自分の頭で考えて、「堕落」するべきだ。堕落への道は孤独への道だけれど>
スポンサーサイト



「堕落論」by 坂口安吾


日本は終戦で変わり、それまでの価値観や道徳は崩れたように見える。

男は闇市で非合法なビジネスをし、未亡人は次の相手を探すようになった。けれど、

それは日本人が変わったのではなく、世の中の表層が変わっただけだ。

戦争中は未亡人の恋愛を題材とした小説は禁じられ、武士道が称賛されたが、それらは軍人政治家が作り上げたカラクリだった。

戦後、「堕落」したと言われが、それが本来の日本人の姿なのだ。

戦争中の日本は、虚しい美しさが支配していた(運命を静かに受け入れて滅びていく人間の美=特攻隊の美)が、それは真実の美しさではない。

人間は堕落する。義士も聖女も。

堕落とは、本来の自分を取り戻すこと。

<現代日本は戦時中と似ています。権力者の作り出すカラクリに満ちた「健全なる道義」に縛られ、操られて、「堪え難きを堪え、忍び難きを忍」んでいるんです。日本人は自分の頭で考えて、「堕落」するべきだ。堕落への道は孤独への道だけれど>
スポンサーサイト



コメント 0