さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「神は死んだ」by ニーチェ

「神は死んだ」by ニーチェ サムネイル画像
「神は死んだ」by ニーチェこの世に絶対的な真理はない、ということです。人間が神を殺したからです(物理学や進化論によって)。人は信じるものを失いました。ニヒリズムです。人は目標を失い、惰性で生きるようになりました。それが末人です。それではダメだ、とニーチェは言います、超人にならなきゃ、と。超人は、精神力、意思を持ち、高みを目指すような存在です。人間は綱渡りをしつつ超人を目指さなければなりません。ラク...全文を表示
超人

「神は死んだ」by ニーチェ

この世に絶対的な真理はない、ということです。

人間が神を殺したからです(物理学や進化論によって)。

人は信じるものを失いました。ニヒリズムです。人は目標を失い、惰性で生きるようになりました。それが末人です。

それではダメだ、とニーチェは言います、超人にならなきゃ、と。

超人は、精神力、意思を持ち、高みを目指すような存在です。人間は綱渡りをしつつ超人を目指さなければなりません。

ラクダ(我慢強く努力し)から獅子(独立の精神を持ち)になり、幼子(自分の想像力に身を委ね、無心に遊ぶ)を目指せと。

人間は無限ループを生きます(永遠回帰)。同じ人が同じ人生を繰り返し生きるのです。

永遠回帰を受け入れるためには、ニヒリズムを克服する必要があります。

絶対的なものがない世界で惰性で生きるのではなく、蛇を飲み込んでのたうち回る牧人が、自の意思で蛇の頭を食いちぎって口から蛇を吐き出すように。

今を肯定できれば、未来も永遠に肯定できます(同じ人生が繰り返されるので)。

個人的には、同じ人生を繰り返すのは死ぬほど嫌です。それなら仏教のように別のステージで永遠に輪廻する方がいいと思いますが、

それはキリスト教を否定するために考え出したのでしょう。
スポンサーサイト



超人

「神は死んだ」by ニーチェ

この世に絶対的な真理はない、ということです。

人間が神を殺したからです(物理学や進化論によって)。

人は信じるものを失いました。ニヒリズムです。人は目標を失い、惰性で生きるようになりました。それが末人です。

それではダメだ、とニーチェは言います、超人にならなきゃ、と。

超人は、精神力、意思を持ち、高みを目指すような存在です。人間は綱渡りをしつつ超人を目指さなければなりません。

ラクダ(我慢強く努力し)から獅子(独立の精神を持ち)になり、幼子(自分の想像力に身を委ね、無心に遊ぶ)を目指せと。

人間は無限ループを生きます(永遠回帰)。同じ人が同じ人生を繰り返し生きるのです。

永遠回帰を受け入れるためには、ニヒリズムを克服する必要があります。

絶対的なものがない世界で惰性で生きるのではなく、蛇を飲み込んでのたうち回る牧人が、自の意思で蛇の頭を食いちぎって口から蛇を吐き出すように。

今を肯定できれば、未来も永遠に肯定できます(同じ人生が繰り返されるので)。

個人的には、同じ人生を繰り返すのは死ぬほど嫌です。それなら仏教のように別のステージで永遠に輪廻する方がいいと思いますが、

それはキリスト教を否定するために考え出したのでしょう。
スポンサーサイト



コメント 0