さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

小児期逆境体験(ACE:adverse childhood experience)

小児期逆境体験(ACE:adverse childhood experience) サムネイル画像
小児期逆境体験(ACE:adverse childhood experience)という考えがあります。幼少期に虐待、貧困、親の離婚、苛め、犯罪などを体験すると、アタッチメント障害や、トラウマなどになり、その後の心身の成長に影響が生じるのです。言語能力、感情調節、注意集中、自己否定、衝動コントロールなどへの影響です。これまでは、反応性アタッチメント障害や、PTSDを中心とし、様々な診断がつけられていましたが、その後、複雑性PTSD(ICD...全文を表示
小児期逆境体験(ACE:adverse childhood experience)という考えがあります。


幼少期に虐待、貧困、親の離婚、苛め、犯罪などを体験すると、

アタッチメント障害や、トラウマなどになり、その後の心身の成長に影響が生じるのです。

言語能力、感情調節、注意集中、自己否定、衝動コントロールなどへの影響です。

これまでは、反応性アタッチメント障害や、PTSDを中心とし、様々な診断がつけられていましたが、

その後、複雑性PTSD(ICD-11 )というスペクトラムとしてまとめられ、

その概念をさらに広くした、発達性トラウマ障害(DTD:developmental trauma disorder)とした概念が提唱されています(これに関しては詳しくありませんが)。

近年、子供のトラウマ関連障害に対して、トラウマ焦点化認知行動療法などが推奨されています。

山梨にも、昨年情緒に障害のある子どもの治療施設である「子供心理治療センターうぐいすの杜」が出来ました。この分野の治療が進むことが期待されます。

スポンサーサイト



小児期逆境体験(ACE:adverse childhood experience)という考えがあります。


幼少期に虐待、貧困、親の離婚、苛め、犯罪などを体験すると、

アタッチメント障害や、トラウマなどになり、その後の心身の成長に影響が生じるのです。

言語能力、感情調節、注意集中、自己否定、衝動コントロールなどへの影響です。

これまでは、反応性アタッチメント障害や、PTSDを中心とし、様々な診断がつけられていましたが、

その後、複雑性PTSD(ICD-11 )というスペクトラムとしてまとめられ、

その概念をさらに広くした、発達性トラウマ障害(DTD:developmental trauma disorder)とした概念が提唱されています(これに関しては詳しくありませんが)。

近年、子供のトラウマ関連障害に対して、トラウマ焦点化認知行動療法などが推奨されています。

山梨にも、昨年情緒に障害のある子どもの治療施設である「子供心理治療センターうぐいすの杜」が出来ました。この分野の治療が進むことが期待されます。

スポンサーサイト



コメント 0