さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

Subway by 佐藤正明

Subway by  佐藤正明 サムネイル画像
佐藤正明さんの講演をお聴きしました。佐藤さんは山梨県出身で、イギリスからアメリカに渡り、50年以上ニューヨークに在住する画家です。代表作の SubwayはTIME誌の表紙を飾りました。昨年展覧会のために日本に来たものの、コロナによってNYに戻れませんが、久しぶりに山梨の四季を味わえて良かったとのこと。佐藤さんは、コロナのためにNYには現在良い話題はない。アジア人に対するヘイトクライムが続いているし、NYにいた頃は大...全文を表示
佐藤正明 (1)


佐藤正明さんの講演をお聴きしました。


佐藤さんは山梨県出身で、イギリスからアメリカに渡り、50年以上ニューヨークに在住する画家です。

代表作の SubwayはTIME誌の表紙を飾りました。

昨年展覧会のために日本に来たものの、コロナによってNYに戻れませんが、久しぶりに山梨の四季を味わえて良かったとのこと。

佐藤さんは、コロナのためにNYには現在良い話題はない。アジア人に対するヘイトクライムが続いているし、NYにいた頃は大使館から注意を喚起するメールが連日あったそうです。

3月30日に娯楽用のマリファナが解禁になったことくらいかな、良い話は、とのこと。

お子さんが小学校の頃、ポケットにマリファナの葉っぱの粉が入っていたそうで、

心配してPTAの集まりの際に先生にその対策を依頼したところ、

「この中で、若い頃にマリファナを吸ったことがない人?」と先生が保護者に尋ね、

手を上げたのは佐藤さんご夫婦だけだったそうです。会場からはくすくす笑いがしたそうです。

高級住宅地アッパーイーストサイドにある私立学校でのエピソードです。

「何もしなくても、そのうちにやめる」ということでしょう。

後半はトランプ支持者が少なくないことについてでした。

かつては「パパは何でも知っている」に描かれるような、冷蔵庫やカラーテレビがあり、「朝から卵を6個も食べる」ほど豊かだったアメリカの白人が、すっかり貧しくなってしまったからで、

その理由は日本だと佐藤さんは断言します。

まず、1960年代に日本から繊維が入り、繊維産業が衰退し、

その後、高性能なエンジンを作るための鋼鉄が輸入され、自動車産業が壊滅し、

次いで、家電がアメリカを席捲しました。

ソニーの森田社長(当時)が、

「良い製品を安く作って何が悪い」とアメリカ国民を逆撫でするようなことを言い、大問題になりました。

トランプやトランプ主義者は(心の底では)日本を恨んでいるんです。

日本に伝わる話は、メキシコの違法な移民についてですが、アジア人ヘイトの根っこはここにあったんですね。

佐藤さんは背はピンと伸びていて、お話もとても上手でした。とても今年80才になるようには見えません。

いつまでもご活躍することをお祈りいたします。
スポンサーサイト



佐藤正明 (1)


佐藤正明さんの講演をお聴きしました。


佐藤さんは山梨県出身で、イギリスからアメリカに渡り、50年以上ニューヨークに在住する画家です。

代表作の SubwayはTIME誌の表紙を飾りました。

昨年展覧会のために日本に来たものの、コロナによってNYに戻れませんが、久しぶりに山梨の四季を味わえて良かったとのこと。

佐藤さんは、コロナのためにNYには現在良い話題はない。アジア人に対するヘイトクライムが続いているし、NYにいた頃は大使館から注意を喚起するメールが連日あったそうです。

3月30日に娯楽用のマリファナが解禁になったことくらいかな、良い話は、とのこと。

お子さんが小学校の頃、ポケットにマリファナの葉っぱの粉が入っていたそうで、

心配してPTAの集まりの際に先生にその対策を依頼したところ、

「この中で、若い頃にマリファナを吸ったことがない人?」と先生が保護者に尋ね、

手を上げたのは佐藤さんご夫婦だけだったそうです。会場からはくすくす笑いがしたそうです。

高級住宅地アッパーイーストサイドにある私立学校でのエピソードです。

「何もしなくても、そのうちにやめる」ということでしょう。

後半はトランプ支持者が少なくないことについてでした。

かつては「パパは何でも知っている」に描かれるような、冷蔵庫やカラーテレビがあり、「朝から卵を6個も食べる」ほど豊かだったアメリカの白人が、すっかり貧しくなってしまったからで、

その理由は日本だと佐藤さんは断言します。

まず、1960年代に日本から繊維が入り、繊維産業が衰退し、

その後、高性能なエンジンを作るための鋼鉄が輸入され、自動車産業が壊滅し、

次いで、家電がアメリカを席捲しました。

ソニーの森田社長(当時)が、

「良い製品を安く作って何が悪い」とアメリカ国民を逆撫でするようなことを言い、大問題になりました。

トランプやトランプ主義者は(心の底では)日本を恨んでいるんです。

日本に伝わる話は、メキシコの違法な移民についてですが、アジア人ヘイトの根っこはここにあったんですね。

佐藤さんは背はピンと伸びていて、お話もとても上手でした。とても今年80才になるようには見えません。

いつまでもご活躍することをお祈りいたします。
スポンサーサイト



コメント 0