さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

中流層が没落しおたら政府に反発しなくなりました。

中流層が没落しおたら政府に反発しなくなりました。 サムネイル画像
ここまでの人生を半分にすると、前半と後半の境目は1989年になります。1989年12月29日の「大納会」で日経平均株価は史上最高値となりました。三菱地所がマンハッタンの摩天楼を買い、ソニーがコロンビア映画を買った年です。株式時価総額トップ50の32社が日本企業だった年です。翌年1990年の「大発会」から株価が下がり始めました。ちょうど人生の前半は国が成長を続け、後半は国が衰退し続けていることになります。ベクトルが逆向...全文を表示
ここまでの人生を半分にすると、

前半と後半の境目は1989年になります。

1989年12月29日の「大納会」で日経平均株価は史上最高値となりました。

三菱地所がマンハッタンの摩天楼を買い、ソニーがコロンビア映画を買った年です。株式時価総額トップ50の32社が日本企業だった年です。

翌年1990年の「大発会」から株価が下がり始めました。

ちょうど人生の前半は国が成長を続け、後半は国が衰退し続けていることになります。

ベクトルが逆向きになると、常識も逆転するんですよね。

国力が増し、国民が豊か(=1億総中流)になっていく過程で、国民は自信を持つようになり、政治意識や権利意識が高まりました。

国が衰退して中流層が没落していくと、国民は政府に反発するのではなく、反発する気を失って、むしろ素直に従うようになりました。

これは常識に反していると思いましたが、考えてみるともっともなのかもしれません。

外来で患者さんのお話を聞いていても、ブラック企業で働く人ほど、過酷な環境を受け入れています(もちろん洗脳されているからですが)。

自民党は口には出しませんが、国民の主権を奪う方が統治しやすいことに気づき、意図的にブラック国家を続けているんだと思います。

もちろんそれによって、さらに国力は衰退しますが、権力層はそんなことは一切お構いなしで、国民の財産を身内で分配しているわけです。

さて、これからのことはさらに予測がつきません。一気に国民国家が消失するかと思っていたら、コロナによってグローバル化にブレーキがかかりました。

先が分からないということは、個人的にはちょっとワクワクします(ちょっと意地を張っていますが)。
スポンサーサイト



ここまでの人生を半分にすると、

前半と後半の境目は1989年になります。

1989年12月29日の「大納会」で日経平均株価は史上最高値となりました。

三菱地所がマンハッタンの摩天楼を買い、ソニーがコロンビア映画を買った年です。株式時価総額トップ50の32社が日本企業だった年です。

翌年1990年の「大発会」から株価が下がり始めました。

ちょうど人生の前半は国が成長を続け、後半は国が衰退し続けていることになります。

ベクトルが逆向きになると、常識も逆転するんですよね。

国力が増し、国民が豊か(=1億総中流)になっていく過程で、国民は自信を持つようになり、政治意識や権利意識が高まりました。

国が衰退して中流層が没落していくと、国民は政府に反発するのではなく、反発する気を失って、むしろ素直に従うようになりました。

これは常識に反していると思いましたが、考えてみるともっともなのかもしれません。

外来で患者さんのお話を聞いていても、ブラック企業で働く人ほど、過酷な環境を受け入れています(もちろん洗脳されているからですが)。

自民党は口には出しませんが、国民の主権を奪う方が統治しやすいことに気づき、意図的にブラック国家を続けているんだと思います。

もちろんそれによって、さらに国力は衰退しますが、権力層はそんなことは一切お構いなしで、国民の財産を身内で分配しているわけです。

さて、これからのことはさらに予測がつきません。一気に国民国家が消失するかと思っていたら、コロナによってグローバル化にブレーキがかかりました。

先が分からないということは、個人的にはちょっとワクワクします(ちょっと意地を張っていますが)。
スポンサーサイト



コメント 0