さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

PL志向とBS志向

PL志向とBS志向 サムネイル画像
PL(損益計算書)は、1年間でどれだけ利益が出たかという指標です。売り上げ-費用=利益です。BS(貸借対照表)は、現在の財務状態を把握するため、資本(企業活動を行うためのお金)の源泉が何で(自分や株主のお金か、借入金、借り入れ、買掛金)、資本をいかに運用しているか(固定資産、商品在庫、売掛金、現金)を示したものです。個人的には零細企業の自転車操業ですから、PLしか考えていません。利益が少なければ売り上...全文を表示
PL(損益計算書)は、


1年間でどれだけ利益が出たかという指標です。売り上げ-費用=利益です。

BS(貸借対照表)は、

現在の財務状態を把握するため、資本(企業活動を行うためのお金)の源泉が何で(自分や株主のお金か、借入金、借り入れ、買掛金)、資本をいかに運用しているか(固定資産、商品在庫、売掛金、現金)を示したものです。

個人的には零細企業の自転車操業ですから、PLしか考えていません。利益が少なければ売り上げを伸ばせばいいと言う発想になります。企業家の発想ですね。

インもアウトも大きくなりがちです。売り上げを伸ばすためには、時には派手なパフォーマンスも必要だからです。お金を生み出す仕組みが「資産」だからです。

BS志向は、資産家の発想です。お金を生み出す元になる財産を相続などで受け継いだ人の発想です。お金がお金を産むので、気楽にお金を使うわけには行きません。

適切に運用して、お金を産むアヒルを確実に次世代に送らなければなりません。よほど資産が大きくなければ、一般的には質素な生活になるでしょう(5億円を3%で運用して年間1500万円ですから)。

ビジネス書を眺めると、PL志向とBS志向が混淆しています。個人的には完全なPL志向です。1年後の10万円より今日の1万円です。

最近、目立つのはPL志向でしょうか。

もっとも最近では、貨幣経済から信用経済へ変化してきていますけれどね。



スポンサーサイト



PL(損益計算書)は、


1年間でどれだけ利益が出たかという指標です。売り上げ-費用=利益です。

BS(貸借対照表)は、

現在の財務状態を把握するため、資本(企業活動を行うためのお金)の源泉が何で(自分や株主のお金か、借入金、借り入れ、買掛金)、資本をいかに運用しているか(固定資産、商品在庫、売掛金、現金)を示したものです。

個人的には零細企業の自転車操業ですから、PLしか考えていません。利益が少なければ売り上げを伸ばせばいいと言う発想になります。企業家の発想ですね。

インもアウトも大きくなりがちです。売り上げを伸ばすためには、時には派手なパフォーマンスも必要だからです。お金を生み出す仕組みが「資産」だからです。

BS志向は、資産家の発想です。お金を生み出す元になる財産を相続などで受け継いだ人の発想です。お金がお金を産むので、気楽にお金を使うわけには行きません。

適切に運用して、お金を産むアヒルを確実に次世代に送らなければなりません。よほど資産が大きくなければ、一般的には質素な生活になるでしょう(5億円を3%で運用して年間1500万円ですから)。

ビジネス書を眺めると、PL志向とBS志向が混淆しています。個人的には完全なPL志向です。1年後の10万円より今日の1万円です。

最近、目立つのはPL志向でしょうか。

もっとも最近では、貨幣経済から信用経済へ変化してきていますけれどね。



スポンサーサイト



コメント 0