さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「ツレがうつになりまして」 2011年

「ツレがうつになりまして」 2011年 サムネイル画像
冒頭のシーンで流れるのがマーラーのアダージェット。これを聴くと「ヴェニスに死す」(byルキノ・ヴィスコンティ)を思いだします。ペストが蔓延するヴェニスの街を、主人公の老作曲家(ダーク・ボガード)が額に汗をにじませて、美少年タージオを求めて徘徊するシーンが。あさなぎクリニックのリワークポルト(うつ病で休職中の方の職場復帰施設)のイベントで鑑賞しました。イベントは3カ月に1度、参加者が計画して行います。い...全文を表示
ツレうつ (1)


冒頭のシーンで流れるのがマーラーのアダージェット。これを聴くと「ヴェニスに死す」(byルキノ・ヴィスコンティ)を思いだします。
ペストが蔓延するヴェニスの街を、主人公の老作曲家(ダーク・ボガード)が額に汗をにじませて、美少年タージオを求めて徘徊するシーンが。

あさなぎクリニックのリワークポルト(うつ病で休職中の方の職場復帰施設)のイベントで鑑賞しました。

イベントは3カ月に1度、参加者が計画して行います。

いつもは料理を作ったり、ゲームをしたりすることが多いのですが、今回はコロナの影響で、黙ってできることになったそうです。

「ツレうつ」は、細川貂々さん作のコミックエッセイでが原作で、実話です。

宮崎あおいさん演じるハルさんの「ツレ」を堺雅人さんが演じます。

お二人が別々に書いていた絵日記と、日記が元になっています。

一つのエピソードを二つの視点で描いているので、病気の意を重層的に捉えることができます。

原作が書かれて15年近く経ってるので、モノアミン仮説や「心の風邪」という今ではやや批判的に語られる内容もありますが、

うつ病の啓蒙の映画としても優れていると思いました

「あ・と・で」

あ:焦らない・焦らせない
と:特別扱いしない
で:できることと、できないことを分ける

は、使わせていただきます。

エンドロールに、うつ病リワーク研究会(あさなぎクリニックも会員です)など、知っている名前もクレジットされていました。

スポンサーサイト



ツレうつ (1)


冒頭のシーンで流れるのがマーラーのアダージェット。これを聴くと「ヴェニスに死す」(byルキノ・ヴィスコンティ)を思いだします。
ペストが蔓延するヴェニスの街を、主人公の老作曲家(ダーク・ボガード)が額に汗をにじませて、美少年タージオを求めて徘徊するシーンが。

あさなぎクリニックのリワークポルト(うつ病で休職中の方の職場復帰施設)のイベントで鑑賞しました。

イベントは3カ月に1度、参加者が計画して行います。

いつもは料理を作ったり、ゲームをしたりすることが多いのですが、今回はコロナの影響で、黙ってできることになったそうです。

「ツレうつ」は、細川貂々さん作のコミックエッセイでが原作で、実話です。

宮崎あおいさん演じるハルさんの「ツレ」を堺雅人さんが演じます。

お二人が別々に書いていた絵日記と、日記が元になっています。

一つのエピソードを二つの視点で描いているので、病気の意を重層的に捉えることができます。

原作が書かれて15年近く経ってるので、モノアミン仮説や「心の風邪」という今ではやや批判的に語られる内容もありますが、

うつ病の啓蒙の映画としても優れていると思いました

「あ・と・で」

あ:焦らない・焦らせない
と:特別扱いしない
で:できることと、できないことを分ける

は、使わせていただきます。

エンドロールに、うつ病リワーク研究会(あさなぎクリニックも会員です)など、知っている名前もクレジットされていました。

スポンサーサイト



コメント 0