さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

町に住む。

町に住む。 サムネイル画像
祖母の家は商店でした。食料品、日用雑貨、衣類まで何でも揃う店で、店の奥は小上がりになっていて、火鉢があり、タバコを売っていました。その奥には居間がありました。小学校の頃、バスに乗って祖母の家に一人で行ったことがあります。ちょっとした冒険でした。いつもは店番が火鉢の脇に座っているのですが、誰もいません。そこを通り過ぎて居間に行くと、知らないおじさんが炬燵に入ってお茶を飲んでいました。「ボクは誰だ?」...全文を表示
祖母の家は商店でした。


食料品、日用雑貨、衣類まで何でも揃う店で、店の奥は小上がりになっていて、火鉢があり、タバコを売っていました。その奥には居間がありました。

小学校の頃、バスに乗って祖母の家に一人で行ったことがあります。ちょっとした冒険でした。

いつもは店番が火鉢の脇に座っているのですが、誰もいません。

そこを通り過ぎて居間に行くと、知らないおじさんが炬燵に入ってお茶を飲んでいました。

「ボクは誰だ?」

お祖母ちゃんの孫だ、と答えると、

「そうか、そうか、よく来た」、と言ってお茶をいれてくれました。

しばらくして、お祖母ちゃんが帰って来ました。

見知らぬおじさんは近所の人で、お店を覗いたら誰もいなくて物騒だから居間にいたんだそうです。

自宅は塀に囲まれて他人が入り込むことのできないパーソナルスペースでしたから、これには度肝を抜かれました。

「こういうの、いいな」、と子供心に思いました。

外に開かれていて、誰もが立ち寄って気ままに過ごすことのできる空間が。

そういう半ば公共的な場所は、かつては田舎にありましたが、共同体が消えた今は街にあります。

よく知っている顔や、ちょっとしている顔がいる、パーソナルとパブリックの中間のような場所。

サードプレイスと言うんでしたっけ。

安価で、ごく簡単な飲食ができ、歩いていけて、習慣的に集まる場所。優しい人が多くて、あまり尖った人がいない場所。

街中のごく小さなワンルームに寝泊まりだけして、生活の大半を街で過ごすのっていいと思います。

タイみたいに、朝ごはんは屋台で、顔見知りと一緒にワイワイ食べるみたいな。

スポンサーサイト



祖母の家は商店でした。


食料品、日用雑貨、衣類まで何でも揃う店で、店の奥は小上がりになっていて、火鉢があり、タバコを売っていました。その奥には居間がありました。

小学校の頃、バスに乗って祖母の家に一人で行ったことがあります。ちょっとした冒険でした。

いつもは店番が火鉢の脇に座っているのですが、誰もいません。

そこを通り過ぎて居間に行くと、知らないおじさんが炬燵に入ってお茶を飲んでいました。

「ボクは誰だ?」

お祖母ちゃんの孫だ、と答えると、

「そうか、そうか、よく来た」、と言ってお茶をいれてくれました。

しばらくして、お祖母ちゃんが帰って来ました。

見知らぬおじさんは近所の人で、お店を覗いたら誰もいなくて物騒だから居間にいたんだそうです。

自宅は塀に囲まれて他人が入り込むことのできないパーソナルスペースでしたから、これには度肝を抜かれました。

「こういうの、いいな」、と子供心に思いました。

外に開かれていて、誰もが立ち寄って気ままに過ごすことのできる空間が。

そういう半ば公共的な場所は、かつては田舎にありましたが、共同体が消えた今は街にあります。

よく知っている顔や、ちょっとしている顔がいる、パーソナルとパブリックの中間のような場所。

サードプレイスと言うんでしたっけ。

安価で、ごく簡単な飲食ができ、歩いていけて、習慣的に集まる場所。優しい人が多くて、あまり尖った人がいない場所。

街中のごく小さなワンルームに寝泊まりだけして、生活の大半を街で過ごすのっていいと思います。

タイみたいに、朝ごはんは屋台で、顔見知りと一緒にワイワイ食べるみたいな。

スポンサーサイト



コメント 0