さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

コミュニケーションの難しさ  「ゲイバーと心療内科」

コミュニケーションの難しさ  「ゲイバーと心療内科」 サムネイル画像
コミュニケーションの難しさ同じ言葉でも、どんな「つもり」で言ったかを取り違えることで、ディスコミュニケーションになります。上司は(自分が若い頃の価値観に基づいて)部下に、適切な指導をしている「つもり」でパワハラをし、中年サラリーマンは若い女子社員を褒めている「つもり」でセクハラをするわけです。で、パワハラやセクハラの裁判では、「そんなつもりで言ったわけじゃない」、という押し問答が延々と繰り返される...全文を表示
コミュニケーションの難しさ


同じ言葉でも、どんな「つもり」で言ったかを取り違えることで、ディスコミュニケーションになります。

上司は(自分が若い頃の価値観に基づいて)部下に、適切な指導をしている「つもり」でパワハラをし、

中年サラリーマンは若い女子社員を褒めている「つもり」でセクハラをするわけです。

で、パワハラやセクハラの裁判では、

「そんなつもりで言ったわけじゃない」、という押し問答が延々と繰り返されるのです。

女性は男性よりはるかに、この「つもり」を読み取る能力に長けています。平均的な女性から見ると男性のほとんどは発達障害に見えるでしょう。

男は(概ね)文字通りにしか物事を理解しません。

以下はやや表現に苦慮するのですが、真意のみお汲み取りいただければと思います。

「ゲイバー」には女性のお客さんが大勢集まります。人気の理由は何だろうと思ってお店の方に尋ねたところ、

「本当のことを言うからじゃないですか」とのことでした(例を上げるのは、憚られます・・・)。

多くの男性はセクハラを恐れて女性には「本当のこと」は言えないので、セクハラを恐れずに「本当のこと」を言うことができるゲーバーに需要があるのでしょう。

ゲイバーは心療内科に似ています。

心療内科でも、外形的な言葉だけを取り上げると、ハラスメントみなされる言葉が渦巻いています。

ですがそれが、当人の様々な生活(性・経済・・・)への個人的な興味に基づく言葉ではないという了解があるので成立しているわけです。

「せっかく高校2年生の途中まで行ったんだから、今からでも通信制高校に編入して、卒業した方がいいよ。そうすれば就職の面接で有利になるから」とか、

「離婚するのはもちろん良いけれど、ここまで待ったんだから、年金の分割より遺族献金の方が・・」とか、

「同じお金をかけるなら、鼻がいいと思います」とか、

「3組に1組以上離婚するということを考えて、新居は購入するほうがいいですよ」とか。

言ってみればすべて「ここだけの話」なのです。

そのためには、できるだけ心療内科の空間が「非日常」になることが大切なんだろうな、と思っています。


スポンサーサイト



コミュニケーションの難しさ


同じ言葉でも、どんな「つもり」で言ったかを取り違えることで、ディスコミュニケーションになります。

上司は(自分が若い頃の価値観に基づいて)部下に、適切な指導をしている「つもり」でパワハラをし、

中年サラリーマンは若い女子社員を褒めている「つもり」でセクハラをするわけです。

で、パワハラやセクハラの裁判では、

「そんなつもりで言ったわけじゃない」、という押し問答が延々と繰り返されるのです。

女性は男性よりはるかに、この「つもり」を読み取る能力に長けています。平均的な女性から見ると男性のほとんどは発達障害に見えるでしょう。

男は(概ね)文字通りにしか物事を理解しません。

以下はやや表現に苦慮するのですが、真意のみお汲み取りいただければと思います。

「ゲイバー」には女性のお客さんが大勢集まります。人気の理由は何だろうと思ってお店の方に尋ねたところ、

「本当のことを言うからじゃないですか」とのことでした(例を上げるのは、憚られます・・・)。

多くの男性はセクハラを恐れて女性には「本当のこと」は言えないので、セクハラを恐れずに「本当のこと」を言うことができるゲーバーに需要があるのでしょう。

ゲイバーは心療内科に似ています。

心療内科でも、外形的な言葉だけを取り上げると、ハラスメントみなされる言葉が渦巻いています。

ですがそれが、当人の様々な生活(性・経済・・・)への個人的な興味に基づく言葉ではないという了解があるので成立しているわけです。

「せっかく高校2年生の途中まで行ったんだから、今からでも通信制高校に編入して、卒業した方がいいよ。そうすれば就職の面接で有利になるから」とか、

「離婚するのはもちろん良いけれど、ここまで待ったんだから、年金の分割より遺族献金の方が・・」とか、

「同じお金をかけるなら、鼻がいいと思います」とか、

「3組に1組以上離婚するということを考えて、新居は購入するほうがいいですよ」とか。

言ってみればすべて「ここだけの話」なのです。

そのためには、できるだけ心療内科の空間が「非日常」になることが大切なんだろうな、と思っています。


スポンサーサイト



コメント 0