さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「pants or book ?」  ジーンズと構造主義と精神科

「pants or book ?」  ジーンズと構造主義と精神科 サムネイル画像
pants or book ?「愛の嵐」(映画)の中で、ナスターシャ・キンスキー演じるヒロインの犬の名前はレヴィ・ストロースでした。「なんでそんな学者の名前を付けるんだ」と年長でインテリの彼から尋ねられて、ジーンズの名前から取ったと答えます。リーヴァイ・ストラウスです。二人の世代や立場の違いを表したのでしょう。さて、学者の方のレヴィ・ストロースは、人類学者で思想家です。彼自身アメリカに行き、レストランで名前を告...全文を表示
pants or book ?


「愛の嵐」(映画)の中で、ナスターシャ・キンスキー演じるヒロインの犬の名前はレヴィ・ストロースでした。

「なんでそんな学者の名前を付けるんだ」と年長でインテリの彼から尋ねられて、

ジーンズの名前から取ったと答えます。リーヴァイ・ストラウスです。

二人の世代や立場の違いを表したのでしょう。

さて、学者の方のレヴィ・ストロースは、

人類学者で思想家です。彼自身アメリカに行き、レストランで名前を告げた時に、pants or book ?と聞かれたそうです。

彼は、構造主義という考え方の基礎を作りました。主義というと政治的なイデオロギーと勘違いするかもしれませんが、ものの見方、とらえ方のことです。

人は自由にものを考えているように見えても、予めある構造に制約されているという考え方です。

ちょっと分かり難いですね。

たとえば、昔話や神話の多くが世界中で共通しているのもそうです。

「鶴の恩返し」は、

「助けてくれた人にツルが恩返しをし、その代わり機を織っている姿を見るなと禁止し、それを破った人は代償を払う」という物語で、これは、

「浦島太郎」と同じ構造です。

「助けてくれた人に亀が恩返しをし、その代わり玉手箱を開けるなと禁止し、それを破った人は代償を払う」のですから。

精神科の考え方も同様です。

男のこと父親の関係が不安定な理由は、エディプス王の物語と同じ構造を持っていると考えるわけです。

(ここでは説明を省きます)

日々外来で患者さんのお話を聞きながら考えているのは、「この患者さんの悩みはどういう構造なのか」です。

以前も書きましたが、9割は良く知っている構造に当てはまります。恐らくそれはAIだって簡単に分るはずです。

精神科医の役割は、患者さんのお話から構造を抽出することです。

それに対する答えは予め答えを用意してあるので、それを個々の人に合うように部分的に手直しして提供するわけです。セミオーダーメイドのスーツを作るのと同じです。もちろん、フルオーダーが必要な人もいるし、既製服がぴったり合う人もいます。


<こういう喩が、そもそも構造主義です。というわけで、僕はたとえ話が人より上手になったと思います>


スポンサーサイト



pants or book ?


「愛の嵐」(映画)の中で、ナスターシャ・キンスキー演じるヒロインの犬の名前はレヴィ・ストロースでした。

「なんでそんな学者の名前を付けるんだ」と年長でインテリの彼から尋ねられて、

ジーンズの名前から取ったと答えます。リーヴァイ・ストラウスです。

二人の世代や立場の違いを表したのでしょう。

さて、学者の方のレヴィ・ストロースは、

人類学者で思想家です。彼自身アメリカに行き、レストランで名前を告げた時に、pants or book ?と聞かれたそうです。

彼は、構造主義という考え方の基礎を作りました。主義というと政治的なイデオロギーと勘違いするかもしれませんが、ものの見方、とらえ方のことです。

人は自由にものを考えているように見えても、予めある構造に制約されているという考え方です。

ちょっと分かり難いですね。

たとえば、昔話や神話の多くが世界中で共通しているのもそうです。

「鶴の恩返し」は、

「助けてくれた人にツルが恩返しをし、その代わり機を織っている姿を見るなと禁止し、それを破った人は代償を払う」という物語で、これは、

「浦島太郎」と同じ構造です。

「助けてくれた人に亀が恩返しをし、その代わり玉手箱を開けるなと禁止し、それを破った人は代償を払う」のですから。

精神科の考え方も同様です。

男のこと父親の関係が不安定な理由は、エディプス王の物語と同じ構造を持っていると考えるわけです。

(ここでは説明を省きます)

日々外来で患者さんのお話を聞きながら考えているのは、「この患者さんの悩みはどういう構造なのか」です。

以前も書きましたが、9割は良く知っている構造に当てはまります。恐らくそれはAIだって簡単に分るはずです。

精神科医の役割は、患者さんのお話から構造を抽出することです。

それに対する答えは予め答えを用意してあるので、それを個々の人に合うように部分的に手直しして提供するわけです。セミオーダーメイドのスーツを作るのと同じです。もちろん、フルオーダーが必要な人もいるし、既製服がぴったり合う人もいます。


<こういう喩が、そもそも構造主義です。というわけで、僕はたとえ話が人より上手になったと思います>


スポンサーサイト



コメント 0