さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

アリピプラゾールとブレクスピプラゾールの違い~ 抗うつ作用と抗不安作用について

アリピプラゾールとブレクスピプラゾールの違い~ 抗うつ作用と抗不安作用について サムネイル画像
アリピプラゾール(アリピ)とブレクスピプラゾール(ブレックス)の違い以下は、個人的な印象です。エビデンスはありません。アリピは、うつ病の患者さんに少量投与すると、1週間を待たずに意欲が出る方がかなりいます。もっともその効果は長続きはしない印象があります(最近この印象はやや減りましたが・・)。この作用は、(おそらく)ドパミンを(前頭葉で)増やすことによる作用だと思います(ドパミン以外の作用がないので...全文を表示
アリピプラゾール(アリピ)とブレクスピプラゾール(ブレックス)の違い


以下は、個人的な印象です。エビデンスはありません。

アリピは、うつ病の患者さんに少量投与すると、1週間を待たずに意欲が出る方がかなりいます。もっともその効果は長続きはしない印象があります(最近この印象はやや減りましたが・・)。

この作用は、(おそらく)ドパミンを(前頭葉で)増やすことによる作用だと思います(ドパミン以外の作用がないので)。

もっともアリピには不安を抑える作用はありません。ほぼまったくと言っていいほど(逆に不安にはさせます)。

一方のブレックスは、明らかに不安に効果があります(効果の発現は早いです)。ここがアリピとの大きな違いだと思います。

ということは、この両者のこの違いは、セロトニン1Aのパーシャルアゴニスト作用が関係しているはずです。1Aのパーシャルアゴニスト作用には抗うつ作用もあるとされています。

もっともブレックスにはアリピほどの抗うつ効果はない(ような)気がします(それを狙って使っていませんが)。ちゃんと使えばあるのかもしれませんが、ドパミンのパーシャルアゴニスト性がアリピより弱いので、その点ではやや不利かもしれません。

(ただし、D3のアンタゴニストのブレックスの方がD3のパーシャルアゴニストのアリピよりセロトニン3の遮断作用が強いので、前部帯状回におけるドパミンの放出作用が強いので、その点では有利かも・・・)

1Aのパーシャルアゴニストと言えば、ルラシドンです。双極性うつに適応があります。不安が強い症例にはまだ使っていませんが、精神運動制止が強い双極性障害の遷延したうつ状態の方、10数名に使い、(感覚的には)2~3割の方の抑うつ気分に効果があるように感じています(つまり、なかなか効きます)。

ブレックスが抗うつ作用が(そこまで)ないことを考えると、ルラシドンの抗うつ効果はA1のパーシャルアゴニスト作用というよりも、セロトニン7のアンタゴニスト作用による、抗うつ薬増強作用(があるらしいので)なのかもしれません。セロトニン2Aのアンタゴニスト作用による情動安定作用(抗精神病作用?)は、どうでしょう?(作用は弱く、効果発現は遅いような気がします)。

というわけで、アリピはうつに分かり易く効き、抗不安作用はなく、

ブレックスは、比較的強い抗不安作用があり、うつにはやや弱いものの複雑に効く(ような)気がします。


<ギャバ受容体作動薬によって収まる不安より、セロトニン1A受容体作動薬によって収まる不安(PTSDなどの)の方が、「ずっと深い」ような気がします。この辺りは精神病理学(衰退しましたよね)の復活が望まれるところだと思います。web講演会のための付け焼刃でした>



スポンサーサイト



アリピプラゾール(アリピ)とブレクスピプラゾール(ブレックス)の違い


以下は、個人的な印象です。エビデンスはありません。

アリピは、うつ病の患者さんに少量投与すると、1週間を待たずに意欲が出る方がかなりいます。もっともその効果は長続きはしない印象があります(最近この印象はやや減りましたが・・)。

この作用は、(おそらく)ドパミンを(前頭葉で)増やすことによる作用だと思います(ドパミン以外の作用がないので)。

もっともアリピには不安を抑える作用はありません。ほぼまったくと言っていいほど(逆に不安にはさせます)。

一方のブレックスは、明らかに不安に効果があります(効果の発現は早いです)。ここがアリピとの大きな違いだと思います。

ということは、この両者のこの違いは、セロトニン1Aのパーシャルアゴニスト作用が関係しているはずです。1Aのパーシャルアゴニスト作用には抗うつ作用もあるとされています。

もっともブレックスにはアリピほどの抗うつ効果はない(ような)気がします(それを狙って使っていませんが)。ちゃんと使えばあるのかもしれませんが、ドパミンのパーシャルアゴニスト性がアリピより弱いので、その点ではやや不利かもしれません。

(ただし、D3のアンタゴニストのブレックスの方がD3のパーシャルアゴニストのアリピよりセロトニン3の遮断作用が強いので、前部帯状回におけるドパミンの放出作用が強いので、その点では有利かも・・・)

1Aのパーシャルアゴニストと言えば、ルラシドンです。双極性うつに適応があります。不安が強い症例にはまだ使っていませんが、精神運動制止が強い双極性障害の遷延したうつ状態の方、10数名に使い、(感覚的には)2~3割の方の抑うつ気分に効果があるように感じています(つまり、なかなか効きます)。

ブレックスが抗うつ作用が(そこまで)ないことを考えると、ルラシドンの抗うつ効果はA1のパーシャルアゴニスト作用というよりも、セロトニン7のアンタゴニスト作用による、抗うつ薬増強作用(があるらしいので)なのかもしれません。セロトニン2Aのアンタゴニスト作用による情動安定作用(抗精神病作用?)は、どうでしょう?(作用は弱く、効果発現は遅いような気がします)。

というわけで、アリピはうつに分かり易く効き、抗不安作用はなく、

ブレックスは、比較的強い抗不安作用があり、うつにはやや弱いものの複雑に効く(ような)気がします。


<ギャバ受容体作動薬によって収まる不安より、セロトニン1A受容体作動薬によって収まる不安(PTSDなどの)の方が、「ずっと深い」ような気がします。この辺りは精神病理学(衰退しましたよね)の復活が望まれるところだと思います。web講演会のための付け焼刃でした>



スポンサーサイト



コメント 0