さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「人はなぜ不倫をしないのか。私には信じられない」 by 上野千鶴子

「人はなぜ不倫をしないのか。私には信じられない」 by 上野千鶴子 サムネイル画像
「人はなぜ不倫をしないのか。私には信じられない」 by 上野千鶴子上野さんは、男性は愛すべき生きものだと思っていて、セックスも大好きですが、結婚には魅力を感じません。人と人との間に契約や権利や所有という関係が入り込むのが嫌なのだそうです。恋愛は自由だし、人の気持ちは変わるからです。フェミニズムは男女の平等以上に、自由を求める思想だと上野さんはおっしゃいます。性的な自由を結婚によって手放すのは考えただけで...全文を表示
「人はなぜ不倫をしないのか。私には信じられない」 by 上野千鶴子


上野さんは、男性は愛すべき生きものだと思っていて、セックスも大好きですが、

結婚には魅力を感じません。人と人との間に契約や権利や所有という関係が入り込むのが嫌なのだそうです。

恋愛は自由だし、人の気持ちは変わるからです。

フェミニズムは男女の平等以上に、自由を求める思想だと上野さんはおっしゃいます。

性的な自由を結婚によって手放すのは考えただけで恐ろしいと。

恋愛はエゴイズムです。男性は独占欲をあからさまに示します。男が不倫をするのは無邪気なエゴイストだからです。
女もそれを上回る無邪気なエゴイストになればいいのに。

上野さんは男を憎んで別れたことはないので、別れても友だちになり、困ったらすぐ相談に乗ってくれるんだそうです。

元彼も、今の彼女に会わせたり、一緒にごはんを食べたりして、上野さんが「いい彼女じゃない」と言うと喜びます。

上野さんは、元彼のお母さんみたいになるのだそうです。

上野さんは、メンタルと生命力は女性は強いと断言します。鬱病になるのは女性が多いけれど、自殺は男性が多いですからね。

男は、ある時ぽきっと折れるけれど、女性は柳のように雪に耐えられます。

婚外恋愛をしてから夫に優しくなる女性が大勢います。男を愛して愛されると女度が上がるので、夫に優しくなれるのだそうです。

恋愛と結婚は別です。家庭の中では「妻」「母」という役割を果たしておくだけの方が安泰で、

家族は温存したまま、女としての情熱は外で満たす方が現実的だと。

以上上野さんの考えを要約しました。

これは、やや古い考え方なのでしょうか。

最近の男女は、そんなことは分かっている上で、結婚を選んでいるのでしょうか。それってつまらないな、と個人的には思います。

スポンサーサイト



「人はなぜ不倫をしないのか。私には信じられない」 by 上野千鶴子


上野さんは、男性は愛すべき生きものだと思っていて、セックスも大好きですが、

結婚には魅力を感じません。人と人との間に契約や権利や所有という関係が入り込むのが嫌なのだそうです。

恋愛は自由だし、人の気持ちは変わるからです。

フェミニズムは男女の平等以上に、自由を求める思想だと上野さんはおっしゃいます。

性的な自由を結婚によって手放すのは考えただけで恐ろしいと。

恋愛はエゴイズムです。男性は独占欲をあからさまに示します。男が不倫をするのは無邪気なエゴイストだからです。
女もそれを上回る無邪気なエゴイストになればいいのに。

上野さんは男を憎んで別れたことはないので、別れても友だちになり、困ったらすぐ相談に乗ってくれるんだそうです。

元彼も、今の彼女に会わせたり、一緒にごはんを食べたりして、上野さんが「いい彼女じゃない」と言うと喜びます。

上野さんは、元彼のお母さんみたいになるのだそうです。

上野さんは、メンタルと生命力は女性は強いと断言します。鬱病になるのは女性が多いけれど、自殺は男性が多いですからね。

男は、ある時ぽきっと折れるけれど、女性は柳のように雪に耐えられます。

婚外恋愛をしてから夫に優しくなる女性が大勢います。男を愛して愛されると女度が上がるので、夫に優しくなれるのだそうです。

恋愛と結婚は別です。家庭の中では「妻」「母」という役割を果たしておくだけの方が安泰で、

家族は温存したまま、女としての情熱は外で満たす方が現実的だと。

以上上野さんの考えを要約しました。

これは、やや古い考え方なのでしょうか。

最近の男女は、そんなことは分かっている上で、結婚を選んでいるのでしょうか。それってつまらないな、と個人的には思います。

スポンサーサイト



コメント 0