さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

私たちが現在住んでいる日本は、独裁国家です

私たちが現在住んでいる日本は、独裁国家です サムネイル画像
安倍晋三(→菅義偉)は、自分に従うものを重用し、反対するものを徹底的に冷遇するという方法で、自民党内も、司法も、マスコミも掌握した。とはいうものの、新聞には良心の欠片は残っているので、大きな記事に隠れて、実はずっと重要な記事がアリバイのように小さく書かれている。その記事の重要性を知るためには、読む側のリテラシーが必要であり、記事の大きさと重要性が比例すると漠然と信じている多くの人は、その小さな記事...全文を表示
安倍晋三(→菅義偉)は、


自分に従うものを重用し、反対するものを徹底的に冷遇するという方法で、自民党内も、司法も、マスコミも掌握した。

とはいうものの、新聞には良心の欠片は残っているので、大きな記事に隠れて、実はずっと重要な記事がアリバイのように小さく書かれている。

その記事の重要性を知るためには、読む側のリテラシーが必要であり、記事の大きさと重要性が比例すると漠然と信じている多くの人は、その小さな記事の重要性に気づかないのだが。

安倍晋三が地道にコツコツとマスコミを懐柔して行った成果がそこにある。

大多数の人々は、政治など自分とはまるで関係ないし、自分たちが何かを言ったところで世の中は変わらないと、信じ込まされた。

どんなに理不尽でも従うしかない、それが損得の分かった大人の態度だ、それが最も懸命な処世術だと思い込まされた。

さて、若い層は新聞を読まない。驚くべきことに本当にまったく。アマゾンが支配するインターネットは、その人が見たいものしか見ることができないような仕組みになっている。自己言及的な装置だ。

新聞の場合には片隅にあった小さな重要な記事が、インターネットにはそもそも存在しない。仮にリテラシーがあっても存在しないのだから、その重要性に気づくことはできない。

既に日本はそうなっている。

いくら法的に間違ったことをしても、それを正すマスコミがまるで機能しないのだから、権力者は平気で法律を踏みにじることができる。

内閣法制局の首を挿げ替え、検察も、裁判所も、警察も完全に掌握しているのだから。

すでに日本は言葉をどのように解釈しても法治国家ではない。

もっとも、現代の独裁国家は、その内部にいると、一見穏やかなものに見える。

殺すことによってではなく、生かすことによって支配するというよりソフィスティケイトされた支配の方法を取るようになったからだ(=ミッシェル・フーコーのいう生ー権力=バイオパワー)。

日本の現代の権力者は、スターリンのように自らに反対するものを粛正してないが、より効率的に、かつ徹底的に権力を掌握するようになった。

我々が住み日本は、独裁国家である。

スポンサーサイト



安倍晋三(→菅義偉)は、


自分に従うものを重用し、反対するものを徹底的に冷遇するという方法で、自民党内も、司法も、マスコミも掌握した。

とはいうものの、新聞には良心の欠片は残っているので、大きな記事に隠れて、実はずっと重要な記事がアリバイのように小さく書かれている。

その記事の重要性を知るためには、読む側のリテラシーが必要であり、記事の大きさと重要性が比例すると漠然と信じている多くの人は、その小さな記事の重要性に気づかないのだが。

安倍晋三が地道にコツコツとマスコミを懐柔して行った成果がそこにある。

大多数の人々は、政治など自分とはまるで関係ないし、自分たちが何かを言ったところで世の中は変わらないと、信じ込まされた。

どんなに理不尽でも従うしかない、それが損得の分かった大人の態度だ、それが最も懸命な処世術だと思い込まされた。

さて、若い層は新聞を読まない。驚くべきことに本当にまったく。アマゾンが支配するインターネットは、その人が見たいものしか見ることができないような仕組みになっている。自己言及的な装置だ。

新聞の場合には片隅にあった小さな重要な記事が、インターネットにはそもそも存在しない。仮にリテラシーがあっても存在しないのだから、その重要性に気づくことはできない。

既に日本はそうなっている。

いくら法的に間違ったことをしても、それを正すマスコミがまるで機能しないのだから、権力者は平気で法律を踏みにじることができる。

内閣法制局の首を挿げ替え、検察も、裁判所も、警察も完全に掌握しているのだから。

すでに日本は言葉をどのように解釈しても法治国家ではない。

もっとも、現代の独裁国家は、その内部にいると、一見穏やかなものに見える。

殺すことによってではなく、生かすことによって支配するというよりソフィスティケイトされた支配の方法を取るようになったからだ(=ミッシェル・フーコーのいう生ー権力=バイオパワー)。

日本の現代の権力者は、スターリンのように自らに反対するものを粛正してないが、より効率的に、かつ徹底的に権力を掌握するようになった。

我々が住み日本は、独裁国家である。

スポンサーサイト



コメント 0