さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

民主主義は一度失われたら取り戻すことは至難です。

民主主義は一度失われたら取り戻すことは至難です。 サムネイル画像
8月10日(2020年)に、「民主の女神」と呼ばれる、周庭(アグネス・チョウ)さんは突然逮捕されました。「どのような理由で逮捕されたのかわからない」「10名以上の警官が同時にドアを叩き、ベルを押し、ロックを壊そうとした。私は全く心の準備をできていなくて、パニックになり、震える手で友達に『police』の一文字を送った。それはあの時の私が唯一できることだった」「国安法」(2020年6月30日施行)は、無期懲役まである法律...全文を表示
アグネスチュー (1)


8月10日(2020年)に、「民主の女神」と呼ばれる、周庭(アグネス・チョウ)さんは突然逮捕されました。

「どのような理由で逮捕されたのかわからない」「10名以上の警官が同時にドアを叩き、ベルを押し、ロックを壊そうとした。私は全く心の準備をできていなくて、パニックになり、震える手で友達に『police』の一文字を送った。それはあの時の私が唯一できることだった」

「国安法」(2020年6月30日施行)は、無期懲役まである法律だけれど、条文は曖昧で、

香港政府への「憎しみ」を駆り立てると処罰される。憎しみは主観的な感情なのに、その判断は当局に委ねられるわけです。

この日は合計10人が逮捕されました。

香港紙「リンゴ日報」創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏とその2人の息子と、経営幹部4人
「香港故事」(政治団体)メンバーの李宇軒(アンディー・リー)氏、
「学民思潮」(学生団体)の元メンバーのフリーランス記者の李宗澤(ウィルソン・リー)氏。

重要なことは、具体的にどんな行動が容疑に当たるのかを警察が明らかにしない点で、この不透明さが疑心暗鬼を生み、民主化運動を萎縮させます。

民主主義は一度失われたら取り戻すのは困難です。

日本政府も明確な理由を示さずに日本学術会議を弾圧しています。

このままでは、日本は香港になります。

スポンサーサイト



アグネスチュー (1)


8月10日(2020年)に、「民主の女神」と呼ばれる、周庭(アグネス・チョウ)さんは突然逮捕されました。

「どのような理由で逮捕されたのかわからない」「10名以上の警官が同時にドアを叩き、ベルを押し、ロックを壊そうとした。私は全く心の準備をできていなくて、パニックになり、震える手で友達に『police』の一文字を送った。それはあの時の私が唯一できることだった」

「国安法」(2020年6月30日施行)は、無期懲役まである法律だけれど、条文は曖昧で、

香港政府への「憎しみ」を駆り立てると処罰される。憎しみは主観的な感情なのに、その判断は当局に委ねられるわけです。

この日は合計10人が逮捕されました。

香港紙「リンゴ日報」創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏とその2人の息子と、経営幹部4人
「香港故事」(政治団体)メンバーの李宇軒(アンディー・リー)氏、
「学民思潮」(学生団体)の元メンバーのフリーランス記者の李宗澤(ウィルソン・リー)氏。

重要なことは、具体的にどんな行動が容疑に当たるのかを警察が明らかにしない点で、この不透明さが疑心暗鬼を生み、民主化運動を萎縮させます。

民主主義は一度失われたら取り戻すのは困難です。

日本政府も明確な理由を示さずに日本学術会議を弾圧しています。

このままでは、日本は香港になります。

スポンサーサイト



コメント 0