さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

抽象度を上げる

抽象度を上げる サムネイル画像
抽象度を上げるさなぎ日記に書く際に気を付けていることは、仮に時事的な問題を書く際にも、1段階抽象度を上げることです。具体的な出来事に触発されて書く時でも、そこから何らかの本質を抽出するようにしています。それが、抽象度を上げることです。そして可能ならば、その「本質」(や法則を)を別の具体的な事象に適用するわけです。そうすると、時事的な問題が古くなっても書いた内容は古くなりません(固有名を変えるだけで...全文を表示
抽象度を上げる


さなぎ日記に書く際に気を付けていることは、仮に時事的な問題を書く際にも、1段階抽象度を上げることです。

具体的な出来事に触発されて書く時でも、そこから何らかの本質を抽出するようにしています。

それが、抽象度を上げることです。

そして可能ならば、その「本質」(や法則を)を別の具体的な事象に適用するわけです。

そうすると、時事的な問題が古くなっても書いた内容は古くなりません(固有名を変えるだけでリニュアルできます)。

具象→抽象→具象

が、とっても大事です。

これは、たとえば、何百人ものパニック障害の患者さんから病気のメカニズムを観察することによって、その疾患の本質的な問題を抽出し、

それを目の前の具体的な患者さんに適応するのと同じです。




スポンサーサイト



抽象度を上げる


さなぎ日記に書く際に気を付けていることは、仮に時事的な問題を書く際にも、1段階抽象度を上げることです。

具体的な出来事に触発されて書く時でも、そこから何らかの本質を抽出するようにしています。

それが、抽象度を上げることです。

そして可能ならば、その「本質」(や法則を)を別の具体的な事象に適用するわけです。

そうすると、時事的な問題が古くなっても書いた内容は古くなりません(固有名を変えるだけでリニュアルできます)。

具象→抽象→具象

が、とっても大事です。

これは、たとえば、何百人ものパニック障害の患者さんから病気のメカニズムを観察することによって、その疾患の本質的な問題を抽出し、

それを目の前の具体的な患者さんに適応するのと同じです。




スポンサーサイト



コメント 0