さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

未成年の飲酒と、売買春と、覚せい剤

未成年の飲酒と、売買春と、覚せい剤 サムネイル画像
未成年の飲酒と、売買春と、覚せい剤未成年の飲酒は法律で禁止されていますが、罰則はありません。体に悪い飲酒を防ぐために法律はあるので、破って健康を害することが最大の罰だからです。同じ様に、売春も買春も法律で禁じられていますが、罰則はありません。これは理由は定かではありませんが、犯罪行為の線引きが難しいからではないでしょうか。それこそ恣意的に訴えることが出来そうですからね。で、覚醒剤です。覚醒剤はもち...全文を表示
未成年の飲酒と、売買春と、覚せい剤


未成年の飲酒は法律で禁止されていますが、罰則はありません。

体に悪い飲酒を防ぐために法律はあるので、破って健康を害することが最大の罰だからです。

同じ様に、売春も買春も法律で禁じられていますが、罰則はありません。これは理由は定かではありませんが、犯罪行為の線引きが難しいからではないでしょうか。それこそ恣意的に訴えることが出来そうですからね。

で、覚醒剤です。

覚醒剤はもちろん体にとっても悪いので、絶対に禁止すべき薬物です。ですが、これも趣旨としては未成年の飲酒と同じように、使用すると体を壊すので禁止しているのですから、使用した最大の罰は体を壊すことです。

なので、それに加えて過大な社会的制裁を加えるのは行き過ぎなような気がします。

体への影響が低いマリファナなどはさらに(実際、多くの国では合法化、非犯罪化されています)。

覚醒剤依存は病気なんですよ。病気は治すものであって、罰するものではありません。

犯罪化することで治療が遅れるのは百害あって一利ないと思います。


<最近、新型コロナにかかった人もあたかも犯罪者のようにな使われる場合があります。これによって罹っていることを隠す人が出てくるんじゃないかと思います>


スポンサーサイト



未成年の飲酒と、売買春と、覚せい剤


未成年の飲酒は法律で禁止されていますが、罰則はありません。

体に悪い飲酒を防ぐために法律はあるので、破って健康を害することが最大の罰だからです。

同じ様に、売春も買春も法律で禁じられていますが、罰則はありません。これは理由は定かではありませんが、犯罪行為の線引きが難しいからではないでしょうか。それこそ恣意的に訴えることが出来そうですからね。

で、覚醒剤です。

覚醒剤はもちろん体にとっても悪いので、絶対に禁止すべき薬物です。ですが、これも趣旨としては未成年の飲酒と同じように、使用すると体を壊すので禁止しているのですから、使用した最大の罰は体を壊すことです。

なので、それに加えて過大な社会的制裁を加えるのは行き過ぎなような気がします。

体への影響が低いマリファナなどはさらに(実際、多くの国では合法化、非犯罪化されています)。

覚醒剤依存は病気なんですよ。病気は治すものであって、罰するものではありません。

犯罪化することで治療が遅れるのは百害あって一利ないと思います。


<最近、新型コロナにかかった人もあたかも犯罪者のようにな使われる場合があります。これによって罹っていることを隠す人が出てくるんじゃないかと思います>


スポンサーサイト



コメント 0