さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

精神疾患の患者さんは、かつては魔女と呼ばれ、火炙りにされていました。

精神疾患の患者さんは、かつては魔女と呼ばれ、火炙りにされていました。 サムネイル画像
ヨーロッパの中世では、精神疾患の患者さんは魔女と呼ばれ、火炙りにされました。灰にしないと生き返ると信じられていたからです。1412年生まれのJさん♀は、12才の時に神の声を聴き、神の姿を見て、国家を勝利に導いたにもかかわらず、火刑に処せられました。以下は精神医療の歴史です。1793年、ピネルは精神病者を拘束着から解放し、1868年、グリージンガ―は精神疾患は悪魔ではなく脳の病気だとし、その後、クレペリンやブロイラ...全文を表示
ヨーロッパの中世では、精神疾患の患者さんは魔女と呼ばれ、


火炙りにされました。灰にしないと生き返ると信じられていたからです。

1412年生まれのJさん♀は、12才の時に神の声を聴き、神の姿を見て、国家を勝利に導いたにもかかわらず、火刑に処せられました。

以下は精神医療の歴史です。

1793年、ピネルは精神病者を拘束着から解放し、

1868年、グリージンガ―は精神疾患は悪魔ではなく脳の病気だとし、

その後、クレペリンやブロイラーが統合失調症(当時の精神分裂病)について詳細な研究を行い、

1953年にクロルプロマジンという治療薬が開発され、

1963年にケネディは、精神病の人々を病院から解放することを宣言し、

精神疾患はありふれた病気になろうとしています。


結核やハンセン病やエイズも同様の経過をたどりました。

現時点で、新型コロナの陽性者は、不当にもスティグマを負わされます。

早く新型コロナがありふれは病気になることを願います。

その鍵を握っているのはワクチンと、治療薬と、人々の冷静な判断だと思います。


スポンサーサイト



ヨーロッパの中世では、精神疾患の患者さんは魔女と呼ばれ、


火炙りにされました。灰にしないと生き返ると信じられていたからです。

1412年生まれのJさん♀は、12才の時に神の声を聴き、神の姿を見て、国家を勝利に導いたにもかかわらず、火刑に処せられました。

以下は精神医療の歴史です。

1793年、ピネルは精神病者を拘束着から解放し、

1868年、グリージンガ―は精神疾患は悪魔ではなく脳の病気だとし、

その後、クレペリンやブロイラーが統合失調症(当時の精神分裂病)について詳細な研究を行い、

1953年にクロルプロマジンという治療薬が開発され、

1963年にケネディは、精神病の人々を病院から解放することを宣言し、

精神疾患はありふれた病気になろうとしています。


結核やハンセン病やエイズも同様の経過をたどりました。

現時点で、新型コロナの陽性者は、不当にもスティグマを負わされます。

早く新型コロナがありふれは病気になることを願います。

その鍵を握っているのはワクチンと、治療薬と、人々の冷静な判断だと思います。


スポンサーサイト



コメント 0