さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

同調圧力について。

同調圧力について。 サムネイル画像
制服ってありましたよね。皆が同じ服を着ることが強制されました。学生らしいという理由で、髪型も細かく決められました。あたかもそれが当然だというように。多くの人がまだそれを当然のものとして受け入れているように思います。学校で植え付けられた同調圧力がまだ抜けていないのです。同じ格好をして、教室ではずっと前を向いて、先生の話す話を聞いていなければならないことに、一片の疑問を持たず、全員が決められた内容の勉...全文を表示
制服ってありましたよね。


皆が同じ服を着ることが強制されました。学生らしいという理由で、髪型も細かく決められました。あたかもそれが当然だというように。

多くの人がまだそれを当然のものとして受け入れているように思います。学校で植え付けられた同調圧力がまだ抜けていないのです。

同じ格好をして、教室ではずっと前を向いて、先生の話す話を聞いていなければならないことに、一片の疑問を持たず、

全員が決められた内容の勉強をして、同じ基準でテストをされて序列をつけられることを当然だと思い込まされているんです。

(人を勝手な基準で評価するなよ)。

社会に出てからもそうです。多くの会社員の方々は驚くほど同じ服装をしています。恐らく何の疑いもなく。それがいかに自由は発想を阻害しているか、そしてそれによって、どれほど世界との競争に後れを取るか、に気づいていないのでしょう。

もう日本が経済において世界をリードしていた頃の方法は完全に時代遅れです。護送船団方式は終わったのです。企業が一生面倒を見てくれた時代は終わったんです。すでに日本の大企業のは外国資本が大量に流入していますからね。

新しい価値を生み出す人が生き残る時代です。言われた通り同じことをする人はAIに取って代わられます。

大学入試が人生の最終目標だった時代はとっくに終わっています。いまだに出身大学の偏差値を唯一の拠り所にして、そこに安住している人は負けます、確実に。

もう昔の幻想に浸るのはやめましょう。みんなと同じことをしていれば安泰な世界は、とっくの昔に終わったのです。そんな人は、社会の小さな歯車、取り換えの利く小さなパーツになるしかありません。

自分で自分の戦闘力を上げなければ、確実に落ちこぼれます。学校は社会で戦闘力を上げる方法を教えてくれません。だって、先生が知らないんだから。自分で考えて自分で行動しなければダメです。

そろそろ目を覚ましませんか。同調圧力は、この日本が私たちに植え付けた古い古い戦い方なんです。もうこの作戦では勝てません。

何の疑いもなく炎天下の屋外でマスクをつけている人達や、マスクをしてランニングをしている人達を見ていると、日本人にいかに強固に同調圧力が刻み付けられているかを目の当たりにするようで、背筋が寒くなります。


<高校になって、公然と校則を破るようになりました。髪の毛を肩まで伸ばし、教科書を持って行かず、授業中に教室を抜け出しました。それで良かったと思っています>


スポンサーサイト



制服ってありましたよね。


皆が同じ服を着ることが強制されました。学生らしいという理由で、髪型も細かく決められました。あたかもそれが当然だというように。

多くの人がまだそれを当然のものとして受け入れているように思います。学校で植え付けられた同調圧力がまだ抜けていないのです。

同じ格好をして、教室ではずっと前を向いて、先生の話す話を聞いていなければならないことに、一片の疑問を持たず、

全員が決められた内容の勉強をして、同じ基準でテストをされて序列をつけられることを当然だと思い込まされているんです。

(人を勝手な基準で評価するなよ)。

社会に出てからもそうです。多くの会社員の方々は驚くほど同じ服装をしています。恐らく何の疑いもなく。それがいかに自由は発想を阻害しているか、そしてそれによって、どれほど世界との競争に後れを取るか、に気づいていないのでしょう。

もう日本が経済において世界をリードしていた頃の方法は完全に時代遅れです。護送船団方式は終わったのです。企業が一生面倒を見てくれた時代は終わったんです。すでに日本の大企業のは外国資本が大量に流入していますからね。

新しい価値を生み出す人が生き残る時代です。言われた通り同じことをする人はAIに取って代わられます。

大学入試が人生の最終目標だった時代はとっくに終わっています。いまだに出身大学の偏差値を唯一の拠り所にして、そこに安住している人は負けます、確実に。

もう昔の幻想に浸るのはやめましょう。みんなと同じことをしていれば安泰な世界は、とっくの昔に終わったのです。そんな人は、社会の小さな歯車、取り換えの利く小さなパーツになるしかありません。

自分で自分の戦闘力を上げなければ、確実に落ちこぼれます。学校は社会で戦闘力を上げる方法を教えてくれません。だって、先生が知らないんだから。自分で考えて自分で行動しなければダメです。

そろそろ目を覚ましませんか。同調圧力は、この日本が私たちに植え付けた古い古い戦い方なんです。もうこの作戦では勝てません。

何の疑いもなく炎天下の屋外でマスクをつけている人達や、マスクをしてランニングをしている人達を見ていると、日本人にいかに強固に同調圧力が刻み付けられているかを目の当たりにするようで、背筋が寒くなります。


<高校になって、公然と校則を破るようになりました。髪の毛を肩まで伸ばし、教科書を持って行かず、授業中に教室を抜け出しました。それで良かったと思っています>


スポンサーサイト



コメント 0