さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

親や、学校の先生達へ。 教育は大事です、何よりも。

親や、学校の先生達へ。 教育は大事です、何よりも。 サムネイル画像
教育は大事です、何よりも。それが子供たちの未来を作るからです。次の世の中を作るからです。僕は落ちこぼれです。教育システムからの。高校1年の夏に、先生のいうことを聞かないことに決めました。みんなと一緒に教室に座って、これっぽっちも面白くない無駄な知識を暗記することが嫌だったからです。先生は、「そんなことをしているとろくなものにはならないぞ」と脅しました。「どうぞどうぞ、僕は自分の頭で考えて自分の行動...全文を表示
教育は大事です、何よりも。


それが子供たちの未来を作るからです。次の世の中を作るからです。

僕は落ちこぼれです。教育システムからの。

高校1年の夏に、先生のいうことを聞かないことに決めました。みんなと一緒に教室に座って、これっぽっちも面白くない無駄な知識を暗記することが嫌だったからです。

先生は、「そんなことをしているとろくなものにはならないぞ」

と脅しました。

「どうぞどうぞ、僕は自分の頭で考えて自分の行動する」、と決めました。

人は脅されても行動しません。

子供に銃を突き付けて「勉強しろ」と脅せば、脅されている間は勉強するかも知れないけれど、100%勉強が嫌いになるでしょう。

だってそういう親が全然勉強していないんだから。

はっきり言って、日本では学校を卒業してからの勉強の方が何千倍も大事です。なのに学校で勉強嫌いになることを学んだ人は、まったく勉強をしません。

日本の受験勉強って、頭さえ呆けていなければ、80才の老教師が教えられます。実際そんな先生がいます。

これって狂っていませんか。戦後すぐの教育と今の教育が同じなんですよ。電話が普及していなかった頃の教育ですよ。そんなものが現代を生きる力になりますか。頭がおかしいとしか思えませんよね。

「起立、礼、着席」
「整列、前へならえ」
「髪の毛は耳にかからない。スカートは膝上何センチ。カーディガンの色は○○」

これは、紡績工場で働く女工を作るのには良かったのかもしれません。でも今はスマホの時代です。というか、数年先さえどうなるかをまったく予測することもできない時代です。

なのに、多くの大人たちは、小学校5年生が理解できるレベルを想定して作られたテレビ番組を見て、ダラダラと休日を過ごしています。

そんな親しか見てない子供が、生きる知恵を自ら身につけようと思うでしょうか。

親が楽しそうに何かをしている姿を見れば、子供はそれを真似ます。スポーツでも、何でも。

教師は、自分たちが一切リスクを取って来なかったことを心に刻んでください。ご自分たちはそれをご自分で選んだのだからいいかもしれせんが、それを生徒に押し付けてはダメです。

ご自分では本当のことなんか何も知らないくせに、「いい学校を出ていい会社に入れば幸せだ」、

などという大嘘を子供の頭に刻み付けるのはやめてください。それは、街に赤電話があった頃の方法です。

そんな教育を続けていたから日本はこんなにも落ちぶれたんじゃないですか。30年間給料が上がらず、こんなにも貧乏になってしまったじゃないですか。これは我々大人の責任です。

僕が高校で教わったのは、

「こんなことをやっていると、ろくなものにならないぞ」という教師に対して、

「だったらそうならないことを示してやる」という気持ちだけでした。

今からでも遅くはありません。まともな教育をしましょう。子供たちが、自分で生きていく力を自分で身につけることが出来ような教育を。

じゃないと、本当に日本はおしまいです。


<その前に移住先を見つけるのがいいかも(EB-5なら、900,000ドル投資すればグリーンカードが手に入れられます)>



スポンサーサイト



教育は大事です、何よりも。


それが子供たちの未来を作るからです。次の世の中を作るからです。

僕は落ちこぼれです。教育システムからの。

高校1年の夏に、先生のいうことを聞かないことに決めました。みんなと一緒に教室に座って、これっぽっちも面白くない無駄な知識を暗記することが嫌だったからです。

先生は、「そんなことをしているとろくなものにはならないぞ」

と脅しました。

「どうぞどうぞ、僕は自分の頭で考えて自分の行動する」、と決めました。

人は脅されても行動しません。

子供に銃を突き付けて「勉強しろ」と脅せば、脅されている間は勉強するかも知れないけれど、100%勉強が嫌いになるでしょう。

だってそういう親が全然勉強していないんだから。

はっきり言って、日本では学校を卒業してからの勉強の方が何千倍も大事です。なのに学校で勉強嫌いになることを学んだ人は、まったく勉強をしません。

日本の受験勉強って、頭さえ呆けていなければ、80才の老教師が教えられます。実際そんな先生がいます。

これって狂っていませんか。戦後すぐの教育と今の教育が同じなんですよ。電話が普及していなかった頃の教育ですよ。そんなものが現代を生きる力になりますか。頭がおかしいとしか思えませんよね。

「起立、礼、着席」
「整列、前へならえ」
「髪の毛は耳にかからない。スカートは膝上何センチ。カーディガンの色は○○」

これは、紡績工場で働く女工を作るのには良かったのかもしれません。でも今はスマホの時代です。というか、数年先さえどうなるかをまったく予測することもできない時代です。

なのに、多くの大人たちは、小学校5年生が理解できるレベルを想定して作られたテレビ番組を見て、ダラダラと休日を過ごしています。

そんな親しか見てない子供が、生きる知恵を自ら身につけようと思うでしょうか。

親が楽しそうに何かをしている姿を見れば、子供はそれを真似ます。スポーツでも、何でも。

教師は、自分たちが一切リスクを取って来なかったことを心に刻んでください。ご自分たちはそれをご自分で選んだのだからいいかもしれせんが、それを生徒に押し付けてはダメです。

ご自分では本当のことなんか何も知らないくせに、「いい学校を出ていい会社に入れば幸せだ」、

などという大嘘を子供の頭に刻み付けるのはやめてください。それは、街に赤電話があった頃の方法です。

そんな教育を続けていたから日本はこんなにも落ちぶれたんじゃないですか。30年間給料が上がらず、こんなにも貧乏になってしまったじゃないですか。これは我々大人の責任です。

僕が高校で教わったのは、

「こんなことをやっていると、ろくなものにならないぞ」という教師に対して、

「だったらそうならないことを示してやる」という気持ちだけでした。

今からでも遅くはありません。まともな教育をしましょう。子供たちが、自分で生きていく力を自分で身につけることが出来ような教育を。

じゃないと、本当に日本はおしまいです。


<その前に移住先を見つけるのがいいかも(EB-5なら、900,000ドル投資すればグリーンカードが手に入れられます)>



スポンサーサイト



コメント 0