さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

学費を無料にしませんか。2020年

学費を無料にしませんか。2020年 サムネイル画像
コロナによって、子供の学費が払えない家庭が増えています。開業医の収入も減っているので、子供の学費を払うのが困難になり、支払いの猶予や学費の貸与をすることを決めた私立の医学部もあります。大学の学費は1970年以降急激に高くなりました。国立大学の学費は一気に3倍になりました。なぜか?二度と学生運動(東大紛争:1968~1969年)を起こさせないためでした。学費が高ければ学生はアルバイトで学費を賄うことができないの...全文を表示
コロナによって、子供の学費が払えない家庭が増えています。


開業医の収入も減っているので、子供の学費を払うのが困難になり、支払いの猶予や学費の貸与をすることを決めた私立の医学部もあります。

大学の学費は1970年以降急激に高くなりました。国立大学の学費は一気に3倍になりました。

なぜか?

二度と学生運動(東大紛争:1968~1969年)を起こさせないためでした。

学費が高ければ学生はアルバイトで学費を賄うことができないので、親の言いなりになるからです。政府は親を通じて子供をコントロールすることをもくろんだわけです(さすが、頭いいなぁ)。

ですが、

そもそも若い男は親に反抗したい生き物です。学費を出してもらっている親に反抗するための最も有効な手立ては、大学に行かず、勉強をしないことです(何という、親不孝)。

で、大学に行かず、大学では最低の成績を取り、落第することで親の目論見を砕こうとするのです。

ですが、独学で勉強をして国家資格だけは取ろうとするんですよね(あー自分勝手)、

(医学部の場合)、

資格を取ったら取ったで、投資した学費の元を取ろう思っている親の期待を裏切ろうと、あえて、

「そんな科に行ったら絶対に食っていけないぞ」

と言われる科を選ぶ輩が出来てきます。

当時(1980年代)、就職先として精神科を選んだのはそんな同級生が多かったような気がします(親が精神科病院の経営者以外は)。

ですが、そんなこと言われるとかえって、

「よーし、じゃあ食えるってことを証明してやろうじゃないか」

と子供心に思って、シャカリキに頑張るのも出てくんですよね(あー、なんて天邪鬼)。

もちろん、それはそれで悪くはありませんが、

子供を屈折させずに、すくすく育てるためには、

学費をずーーーっと安くするのがいいと思います。

じゃないと、日本は世界から取り残されてしまいます。


<子供は親の期待に応えようなんて思わず、誰に何を言われようと、自分の好きな道を選ぶのがいいと思います>

スポンサーサイト



コロナによって、子供の学費が払えない家庭が増えています。


開業医の収入も減っているので、子供の学費を払うのが困難になり、支払いの猶予や学費の貸与をすることを決めた私立の医学部もあります。

大学の学費は1970年以降急激に高くなりました。国立大学の学費は一気に3倍になりました。

なぜか?

二度と学生運動(東大紛争:1968~1969年)を起こさせないためでした。

学費が高ければ学生はアルバイトで学費を賄うことができないので、親の言いなりになるからです。政府は親を通じて子供をコントロールすることをもくろんだわけです(さすが、頭いいなぁ)。

ですが、

そもそも若い男は親に反抗したい生き物です。学費を出してもらっている親に反抗するための最も有効な手立ては、大学に行かず、勉強をしないことです(何という、親不孝)。

で、大学に行かず、大学では最低の成績を取り、落第することで親の目論見を砕こうとするのです。

ですが、独学で勉強をして国家資格だけは取ろうとするんですよね(あー自分勝手)、

(医学部の場合)、

資格を取ったら取ったで、投資した学費の元を取ろう思っている親の期待を裏切ろうと、あえて、

「そんな科に行ったら絶対に食っていけないぞ」

と言われる科を選ぶ輩が出来てきます。

当時(1980年代)、就職先として精神科を選んだのはそんな同級生が多かったような気がします(親が精神科病院の経営者以外は)。

ですが、そんなこと言われるとかえって、

「よーし、じゃあ食えるってことを証明してやろうじゃないか」

と子供心に思って、シャカリキに頑張るのも出てくんですよね(あー、なんて天邪鬼)。

もちろん、それはそれで悪くはありませんが、

子供を屈折させずに、すくすく育てるためには、

学費をずーーーっと安くするのがいいと思います。

じゃないと、日本は世界から取り残されてしまいます。


<子供は親の期待に応えようなんて思わず、誰に何を言われようと、自分の好きな道を選ぶのがいいと思います>

スポンサーサイト



コメント 0