さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「サザンオールスターズ有料配信ライブ」のチケットが18万枚売れました。

「サザンオールスターズ有料配信ライブ」のチケットが18万枚売れました。 サムネイル画像
「サザンオールスターズ有料配信ライブ」のチケットが18万枚売れました。50万人が見たそうです。3600円(=通常の4割)×18万円=6億4千8百万円の収入です。配信なので限界費用(=観客を増やす場合にかかる費用)はほぼゼロです。(2倍チケットが売れても、費用はほぼ変わりません)おそらく1公演当たりの利益は、通常のライブより多いでしょう。これは、サザンオールスターズのように、通常は取りこぼしていた多くの観客(=機会...全文を表示
「サザンオールスターズ有料配信ライブ」のチケットが18万枚売れました。50万人が見たそうです。


3600円(=通常の4割)×18万円=6億4千8百万円の収入です。

配信なので限界費用(=観客を増やす場合にかかる費用)はほぼゼロです。

(2倍チケットが売れても、費用はほぼ変わりません)

おそらく1公演当たりの利益は、通常のライブより多いでしょう。

これは、サザンオールスターズのように、通常は取りこぼしていた多くの観客(=機会損失)がチケットを購入した結果だと思います。

加えて、

購入するのが難しかったチケットが簡単に手に入るし、電車に乗って遠くの会場まで足を運び、場合によってはホテルに宿泊する時間や費用がかからないというメリットもありました。

実はライブ感は減るけれど、見方を変えればめちゃくちゃお買い得だったわけです。

ですが、サザンが全国のアリーナツアーを行うことによって生まれるはずだった、巨額の経済効果はなくなるんですよね。

この作戦は、これまで機会損失の多い(=稀少性の高い)ライブを行っていた極一部のアーティストにとって、(当面は)メリットになるでしょう。

ですが、頑張って何とか客席を埋めていた普通のミュージシャンには難しいかもしれません。

今後、(コロナが完全に終息しなければ)この方法が主流になるでしょう。

その場合、会場のキャパを100分の1に絞る代わりに、これまでのチケット代金の10倍にしたリアルなライブを行ってライブの価値を高めて、

(たとえば「富士山頂100人限定ライブ」とか)

収益の減少分を従来の半額にしたチケットで全国配信することで補えばいいかもしれません。

こうすれば、これまで行きたくても行けなかった離島や海外のファンを掘り起こすことができます。

ネットはロングテールと相性が良いのですから、むしろ少数の熱狂的なファンが全国いるミュージシャンにとってはいいかもしれません。


<いずれにしても、これまで以上に内容が問われる時代になるでしょう>


スポンサーサイト



「サザンオールスターズ有料配信ライブ」のチケットが18万枚売れました。50万人が見たそうです。


3600円(=通常の4割)×18万円=6億4千8百万円の収入です。

配信なので限界費用(=観客を増やす場合にかかる費用)はほぼゼロです。

(2倍チケットが売れても、費用はほぼ変わりません)

おそらく1公演当たりの利益は、通常のライブより多いでしょう。

これは、サザンオールスターズのように、通常は取りこぼしていた多くの観客(=機会損失)がチケットを購入した結果だと思います。

加えて、

購入するのが難しかったチケットが簡単に手に入るし、電車に乗って遠くの会場まで足を運び、場合によってはホテルに宿泊する時間や費用がかからないというメリットもありました。

実はライブ感は減るけれど、見方を変えればめちゃくちゃお買い得だったわけです。

ですが、サザンが全国のアリーナツアーを行うことによって生まれるはずだった、巨額の経済効果はなくなるんですよね。

この作戦は、これまで機会損失の多い(=稀少性の高い)ライブを行っていた極一部のアーティストにとって、(当面は)メリットになるでしょう。

ですが、頑張って何とか客席を埋めていた普通のミュージシャンには難しいかもしれません。

今後、(コロナが完全に終息しなければ)この方法が主流になるでしょう。

その場合、会場のキャパを100分の1に絞る代わりに、これまでのチケット代金の10倍にしたリアルなライブを行ってライブの価値を高めて、

(たとえば「富士山頂100人限定ライブ」とか)

収益の減少分を従来の半額にしたチケットで全国配信することで補えばいいかもしれません。

こうすれば、これまで行きたくても行けなかった離島や海外のファンを掘り起こすことができます。

ネットはロングテールと相性が良いのですから、むしろ少数の熱狂的なファンが全国いるミュージシャンにとってはいいかもしれません。


<いずれにしても、これまで以上に内容が問われる時代になるでしょう>


スポンサーサイト



コメント 0