さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「診断がつかない」という診断

「診断がつかない」という診断 サムネイル画像
「診断がつかない」ことに耐える日々の臨床で、診断がつかない場合が一定数(個人的には初診患者さんの3%ほど)あります。その場合、診断:保留、と書いておきます。精神的な疾患ではないのではないかと感じる場合が多いです。○○だと思うけれど、確証がない場合には、診断:○○?、とします。こちらは、まだ見つかっていないジグソーパズルのピースがあるのではないか、と推測されるような場合が多いです。症状としては、ある疾患...全文を表示
「診断がつかない」ことに耐える


日々の臨床で、診断がつかない場合が一定数(個人的には初診患者さんの3%ほど)あります。

その場合、診断:保留、と書いておきます。精神的な疾患ではないのではないかと感じる場合が多いです。

○○だと思うけれど、確証がない場合には、診断:○○?、とします。

こちらは、まだ見つかっていないジグソーパズルのピースがあるのではないか、と推測されるような場合が多いです。症状としては、ある疾患が疑われるけれど、その場合に通常は存在する生活史上のエピソードを欠いている場合などです。

診断を「積極的に」留保する、という姿勢です。

DSMという操作的な診断基準の場合、診断は保留に出来ません(「特定不明の○○」に分類されます)。

精神科医にとって大事なことは安易に診断しない姿勢です。矛盾する症状をなかったことにして、ある疾患の枠組みに当てはめようとしないことです。

身体疾患と違って明確な診断基準はないので、恣意的に診断することが可能だからです。診断をつけるとすっきりしますからね。

ですがそうしないで、ぐっと踏みとどまる。中途半端な状況に耐える能力が重要です。これを「中腰」と表現する方もいます。

精神科医にとって必要な論理的な推論力は、理系的な頭脳が得意とする、演繹や帰納というよりも、

仮説形成(=アブダクション)です。

いくつかの病気に関する理論があり、現在の患者さんの状態(結論)があるとして、

その前提条件を求めるのが仮説形成という論理的な推論です。

ある前提があり、そこに理論(規則)を当てはめて、結論を導くのが一般的な科学です。

しかも、その理論自体が多くの場合仮説に過ぎないので、

白黒がはっきり付きません。そこで、宙ぶらりんな状態に耐える能力が必要になるわけです。

こういう能力は、小さい頃に毛布やぬいぐるみなどを媒介にすることで、母親を内面化して、母親が四六時中いなくても、一人でいられるようになることによって、形成されます。


<というようなことを北山修さんの所で勉強しました。若かりし頃です>


スポンサーサイト



「診断がつかない」ことに耐える


日々の臨床で、診断がつかない場合が一定数(個人的には初診患者さんの3%ほど)あります。

その場合、診断:保留、と書いておきます。精神的な疾患ではないのではないかと感じる場合が多いです。

○○だと思うけれど、確証がない場合には、診断:○○?、とします。

こちらは、まだ見つかっていないジグソーパズルのピースがあるのではないか、と推測されるような場合が多いです。症状としては、ある疾患が疑われるけれど、その場合に通常は存在する生活史上のエピソードを欠いている場合などです。

診断を「積極的に」留保する、という姿勢です。

DSMという操作的な診断基準の場合、診断は保留に出来ません(「特定不明の○○」に分類されます)。

精神科医にとって大事なことは安易に診断しない姿勢です。矛盾する症状をなかったことにして、ある疾患の枠組みに当てはめようとしないことです。

身体疾患と違って明確な診断基準はないので、恣意的に診断することが可能だからです。診断をつけるとすっきりしますからね。

ですがそうしないで、ぐっと踏みとどまる。中途半端な状況に耐える能力が重要です。これを「中腰」と表現する方もいます。

精神科医にとって必要な論理的な推論力は、理系的な頭脳が得意とする、演繹や帰納というよりも、

仮説形成(=アブダクション)です。

いくつかの病気に関する理論があり、現在の患者さんの状態(結論)があるとして、

その前提条件を求めるのが仮説形成という論理的な推論です。

ある前提があり、そこに理論(規則)を当てはめて、結論を導くのが一般的な科学です。

しかも、その理論自体が多くの場合仮説に過ぎないので、

白黒がはっきり付きません。そこで、宙ぶらりんな状態に耐える能力が必要になるわけです。

こういう能力は、小さい頃に毛布やぬいぐるみなどを媒介にすることで、母親を内面化して、母親が四六時中いなくても、一人でいられるようになることによって、形成されます。


<というようなことを北山修さんの所で勉強しました。若かりし頃です>


スポンサーサイト



コメント 0