さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「13th 憲法修正第13条」(2016年・アメリカ)

「13th 憲法修正第13条」(2016年・アメリカ) サムネイル画像
「13th 憲法修正第13条」(2016年・アメリカ)ドキュメンタリーなのでネタバレしてもいいと思うので内容について書きます。「アメリカの奴隷制度は、囚人制度と名前を変えて温存されている」という映画です。アメリカの人口は世界の5%ですが、世界中の囚人の25%はアメリカに存在します。アメリカの黒人は6.5%ですが、アメリカの囚人の40%は黒人です。なぜか?南北戦争(1861~1865年)が終わり、奴隷を解放(奴隷解放宣言:1862...全文を表示
13th (1)

「13th 憲法修正第13条」(2016年・アメリカ)


ドキュメンタリーなのでネタバレしてもいいと思うので内容について書きます。

「アメリカの奴隷制度は、囚人制度と名前を変えて温存されている」

という映画です。

アメリカの人口は世界の5%ですが、世界中の囚人の25%はアメリカに存在します。

アメリカの黒人は6.5%ですが、アメリカの囚人の40%は黒人です。

なぜか?

南北戦争(1861~1865年)が終わり、奴隷を解放(奴隷解放宣言:1862年)した南部の州の経済は破綻寸前でした。

それを立てなおすために、囚人による無償労働が利用することが画策され、

徘徊や放浪といった微罪で多くの黒人が投獄され、鉄道の敷設などの労働力にあてられました。第1次刑務所ブームです。

南部11州ではジムクロウ法(1876~1964年)が制定され、白人以外(=ワン・ドロップ・ルール)は差別されました。

  アラバマ州
    ・白人女性の看護師がいる病院には、黒人患者は入れない。
    ・バス停留所や、乗車券売り場も、座席も白人用と有色人種用を分ける。
    ・レストランは白人と有色人種を分ける。

この間、「国民の創生」(1915年)という映画が封切られ、黒人は凶悪な犯罪者、強姦者だというレッテルが張られ、KKKが息を吹き返しました。

1964年に公民権法が成立しジムクロウ法は廃止されましたが、

その後、ニクソンそしてレーガンは、不法移民排除などを理由に法律を厳格化し、有色人種を大量に投獄し、量刑を長期化しました。

それによって、1970年には30万人に過ぎなかった刑務所収容者は増加の一途をたどり、2010年代には230万人に膨れ上がりました。第2次刑務所ブームです。

1980年代になり、刑務所、移民収容施設は民営化され、利益を生むようになります。産獄複合体です。刑務所の稼働率は常に100%を目指すようになったのです。

微罪あるいは無実に罪で逮捕された多くの黒人の97%は裁判を選びません。

司法取引に応じるなら3年、裁判を選べば15年だぞと検察に脅されるからです。実際に裁判を選べばそれ以上の刑期になります。

三振法(スリーストライクス・アンド・ユー・アー・アウト法)によって、2度の重罪を起こしな人は、3度目の罪がどんなに微罪(万引きなど)でも、終身になります。刑務所を満室に保つためです。

1970年に比べて、200万人もの無償労働者が生み出されたことになります(ちなみに南北戦争で解放された奴隷は400万人ですからその半分に相当します)。

現在でも厳然として有色人種差別が続いています。

BLM(ブラック・ライヴズ・マター)は、

2020年5月にミネアポリスで起きた白人警官による黒人男性の殺害事件によって起きている抗議運動です。

「13th」は、ネットフリックス制作のドキュメンタリーですが、YouTubeで無料公開されています。

日本にも人種差別は厳然としてあります。

外国人、ハーフ、在日、部落、先住民、女性などに対して。


スポンサーサイト



13th (1)

「13th 憲法修正第13条」(2016年・アメリカ)


ドキュメンタリーなのでネタバレしてもいいと思うので内容について書きます。

「アメリカの奴隷制度は、囚人制度と名前を変えて温存されている」

という映画です。

アメリカの人口は世界の5%ですが、世界中の囚人の25%はアメリカに存在します。

アメリカの黒人は6.5%ですが、アメリカの囚人の40%は黒人です。

なぜか?

南北戦争(1861~1865年)が終わり、奴隷を解放(奴隷解放宣言:1862年)した南部の州の経済は破綻寸前でした。

それを立てなおすために、囚人による無償労働が利用することが画策され、

徘徊や放浪といった微罪で多くの黒人が投獄され、鉄道の敷設などの労働力にあてられました。第1次刑務所ブームです。

南部11州ではジムクロウ法(1876~1964年)が制定され、白人以外(=ワン・ドロップ・ルール)は差別されました。

  アラバマ州
    ・白人女性の看護師がいる病院には、黒人患者は入れない。
    ・バス停留所や、乗車券売り場も、座席も白人用と有色人種用を分ける。
    ・レストランは白人と有色人種を分ける。

この間、「国民の創生」(1915年)という映画が封切られ、黒人は凶悪な犯罪者、強姦者だというレッテルが張られ、KKKが息を吹き返しました。

1964年に公民権法が成立しジムクロウ法は廃止されましたが、

その後、ニクソンそしてレーガンは、不法移民排除などを理由に法律を厳格化し、有色人種を大量に投獄し、量刑を長期化しました。

それによって、1970年には30万人に過ぎなかった刑務所収容者は増加の一途をたどり、2010年代には230万人に膨れ上がりました。第2次刑務所ブームです。

1980年代になり、刑務所、移民収容施設は民営化され、利益を生むようになります。産獄複合体です。刑務所の稼働率は常に100%を目指すようになったのです。

微罪あるいは無実に罪で逮捕された多くの黒人の97%は裁判を選びません。

司法取引に応じるなら3年、裁判を選べば15年だぞと検察に脅されるからです。実際に裁判を選べばそれ以上の刑期になります。

三振法(スリーストライクス・アンド・ユー・アー・アウト法)によって、2度の重罪を起こしな人は、3度目の罪がどんなに微罪(万引きなど)でも、終身になります。刑務所を満室に保つためです。

1970年に比べて、200万人もの無償労働者が生み出されたことになります(ちなみに南北戦争で解放された奴隷は400万人ですからその半分に相当します)。

現在でも厳然として有色人種差別が続いています。

BLM(ブラック・ライヴズ・マター)は、

2020年5月にミネアポリスで起きた白人警官による黒人男性の殺害事件によって起きている抗議運動です。

「13th」は、ネットフリックス制作のドキュメンタリーですが、YouTubeで無料公開されています。

日本にも人種差別は厳然としてあります。

外国人、ハーフ、在日、部落、先住民、女性などに対して。


スポンサーサイト



コメント 0