さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

SNSの作法

SNSの作法 サムネイル画像
SNSで誹謗中傷してはいけないと思います。個人を対象にした、匿名の誹謗中傷はとりわけ。もしも非難をしたいならば、まずはどこの誰か名乗って、論争をする意思があるかを確認して、OKだったらするということでしょうね。僕がこのブログを使い続けているのは、僕の承認がなければコメントが反映されないからです。以前、他のSNSで嫌な思いをしたからです。ブロックしてもブロックしても別のアカウントから攻撃されました。複数のグ...全文を表示
SNSで誹謗中傷してはいけないと思います。


個人を対象にした、匿名の誹謗中傷はとりわけ。

もしも非難をしたいならば、まずはどこの誰か名乗って、論争をする意思があるかを確認して、OKだったらするということでしょうね。

僕がこのブログを使い続けているのは、僕の承認がなければコメントが反映されないからです。

以前、他のSNSで嫌な思いをしたからです。ブロックしてもブロックしても別のアカウントから攻撃されました。複数のグループだったと思います。薄気味悪かったですよ。プライベートを調べられたりして。

個人的には、面と向かって罵倒されない限り無視することにしています。これはネット上に限らず、リアルな人間関係でもそうです。

陰で悪口を言いたいならどうぞ、というスタンスです。だって、悪口を言わせないことなんて出来ませんからね。実害がない限りは放置します。とても腹立たしいけれど。

それで何が言いたいかというと、そもそも匿名で、実名の個人に話しかけるということが失礼ですよね。

著名人の場合、まず個人的には電話には出ないだろうし、しかるべき紹介がない人には会いませんよね。

そういう通常の手続きをすっ飛ばして、いきなり相手に話しかけて、しかも罵倒するなんて、いったいどんな権利があってできるんだ、と思います。

とんでもなく失礼な行為です。犯罪ですよ。

本来なら、称賛であっても無遠慮に言うべきではないと思います。たとえば、本の読者が、出版社宛てにその本の感想を書いて送るというような場合以外は。

誰かの紹介があって、初対面の挨拶を済ませて、その後徐々にプライベートな付き合いをして、かなり親しくなっても、

そうそう相手の非難なんてしませんよね。

それを自分は匿名の陰に隠れて、一方的に相手を非難するなんて、非常識も甚だしいと思います。


<というわけで、あらゆる誹謗中傷にはこれっぽっちの正義もないし、それにこたえる義務は1ミリもありません。一切を無視しましょう>

スポンサーサイト



SNSで誹謗中傷してはいけないと思います。


個人を対象にした、匿名の誹謗中傷はとりわけ。

もしも非難をしたいならば、まずはどこの誰か名乗って、論争をする意思があるかを確認して、OKだったらするということでしょうね。

僕がこのブログを使い続けているのは、僕の承認がなければコメントが反映されないからです。

以前、他のSNSで嫌な思いをしたからです。ブロックしてもブロックしても別のアカウントから攻撃されました。複数のグループだったと思います。薄気味悪かったですよ。プライベートを調べられたりして。

個人的には、面と向かって罵倒されない限り無視することにしています。これはネット上に限らず、リアルな人間関係でもそうです。

陰で悪口を言いたいならどうぞ、というスタンスです。だって、悪口を言わせないことなんて出来ませんからね。実害がない限りは放置します。とても腹立たしいけれど。

それで何が言いたいかというと、そもそも匿名で、実名の個人に話しかけるということが失礼ですよね。

著名人の場合、まず個人的には電話には出ないだろうし、しかるべき紹介がない人には会いませんよね。

そういう通常の手続きをすっ飛ばして、いきなり相手に話しかけて、しかも罵倒するなんて、いったいどんな権利があってできるんだ、と思います。

とんでもなく失礼な行為です。犯罪ですよ。

本来なら、称賛であっても無遠慮に言うべきではないと思います。たとえば、本の読者が、出版社宛てにその本の感想を書いて送るというような場合以外は。

誰かの紹介があって、初対面の挨拶を済ませて、その後徐々にプライベートな付き合いをして、かなり親しくなっても、

そうそう相手の非難なんてしませんよね。

それを自分は匿名の陰に隠れて、一方的に相手を非難するなんて、非常識も甚だしいと思います。


<というわけで、あらゆる誹謗中傷にはこれっぽっちの正義もないし、それにこたえる義務は1ミリもありません。一切を無視しましょう>

スポンサーサイト



コメント 0