さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「検察庁法改正案」によって、安倍内閣は検察を飼いならそうとしています。

「検察庁法改正案」によって、安倍内閣は検察を飼いならそうとしています。 サムネイル画像
検察は行政の一部で公務員ですが、政治家の捜査も行うので、裁判官のように、「検察庁法」によって、政治権力から守られる存在であり、「検察庁法」によって、検事の定年は63才、検事総長の定年は65才と厳格に定められており、黒川弘務検事長は2月8日に定年退官しなければならなかったのに、「国家公務員法」の定年延長規定を無理に適用して定年を半年間伸ばし、この夏に勇退する稲田伸夫検事総長の後を継がせようとしています。そ...全文を表示
検察は行政の一部で公務員ですが、


政治家の捜査も行うので、

裁判官のように、「検察庁法」によって、政治権力から守られる存在であり、

「検察庁法」によって、検事の定年は63才、検事総長の定年は65才と厳格に定められており、

黒川弘務検事長は2月8日に定年退官しなければならなかったのに、

「国家公務員法」の定年延長規定を無理に適用して定年を半年間伸ばし、

この夏に勇退する稲田伸夫検事総長の後を継がせようとしています。


そもそもここ数年検察は、「森友・加計学園事件」にしても、「桜を見る会事件」にしても、まともに捜査していませんよね。


黒田検事長は、

甘利明・元経済再生担当大臣の口利き賄賂事件や、小渕優子・元経産相の公選法違反の捜査現場に圧力をかけて不起訴にさせた人物で、

「安倍官邸の番犬」(by 司法記者がつけたあだ名)と呼ばれています。

なので、

既に風前の灯火ともいえる、日本の三権分立は完全に消滅することになるのです。

スポンサーサイト



検察は行政の一部で公務員ですが、


政治家の捜査も行うので、

裁判官のように、「検察庁法」によって、政治権力から守られる存在であり、

「検察庁法」によって、検事の定年は63才、検事総長の定年は65才と厳格に定められており、

黒川弘務検事長は2月8日に定年退官しなければならなかったのに、

「国家公務員法」の定年延長規定を無理に適用して定年を半年間伸ばし、

この夏に勇退する稲田伸夫検事総長の後を継がせようとしています。


そもそもここ数年検察は、「森友・加計学園事件」にしても、「桜を見る会事件」にしても、まともに捜査していませんよね。


黒田検事長は、

甘利明・元経済再生担当大臣の口利き賄賂事件や、小渕優子・元経産相の公選法違反の捜査現場に圧力をかけて不起訴にさせた人物で、

「安倍官邸の番犬」(by 司法記者がつけたあだ名)と呼ばれています。

なので、

既に風前の灯火ともいえる、日本の三権分立は完全に消滅することになるのです。

スポンサーサイト



コメント 0