さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

検察 VS 安倍晋三

検察 VS 安倍晋三 サムネイル画像
検察庁は年間112万4506人(H29年度「犯罪白書」)の人員を処理し、37.6%起訴(公判請求、略式起訴、家裁送致)し、それ以外は不起訴(5.9%)と起訴猶予(56.5%)となります。起訴された場合には、99.97%(32万488件のうち104件)有罪となります。検察は絶大な権力を持っています(あらゆる刑事事件の99.9908%を検察が決定します)。分かりやすく言うと、検察官には唯一安倍晋三首相を監獄に送る力があります。一方政府は、す...全文を表示
検察庁は年間112万4506人(H29年度「犯罪白書」)の人員を処理し、


37.6%起訴(公判請求、略式起訴、家裁送致)し、

それ以外は不起訴(5.9%)と起訴猶予(56.5%)となります。

起訴された場合には、99.97%(32万488件のうち104件)有罪となります。

検察は絶大な権力を持っています(あらゆる刑事事件の99.9908%を検察が決定します)。

分かりやすく言うと、検察官には唯一安倍晋三首相を監獄に送る力があります。

一方政府は、すでに最高裁人事も、上級官僚の人事も握っています。

マスコミも遠の昔に軍門に下りました。

「検察幹部の定年延長を内閣が決めることができる」ようになれば、どうなるかは一目瞭然です。

政府はついに最後の敵を篭絡しようとしているわけです。

(安倍晋三さんは、本来であれば監獄に送られるということをはっきり自覚しているのでしょう)

この両者の対立構造は、日本に残された頼みの綱なのです。

せめて二権分立を死守しましょう。


<声を上げる芸能人が増えているのは、マスコミの力が低下していることの現れなのかもしれません>

スポンサーサイト



検察庁は年間112万4506人(H29年度「犯罪白書」)の人員を処理し、


37.6%起訴(公判請求、略式起訴、家裁送致)し、

それ以外は不起訴(5.9%)と起訴猶予(56.5%)となります。

起訴された場合には、99.97%(32万488件のうち104件)有罪となります。

検察は絶大な権力を持っています(あらゆる刑事事件の99.9908%を検察が決定します)。

分かりやすく言うと、検察官には唯一安倍晋三首相を監獄に送る力があります。

一方政府は、すでに最高裁人事も、上級官僚の人事も握っています。

マスコミも遠の昔に軍門に下りました。

「検察幹部の定年延長を内閣が決めることができる」ようになれば、どうなるかは一目瞭然です。

政府はついに最後の敵を篭絡しようとしているわけです。

(安倍晋三さんは、本来であれば監獄に送られるということをはっきり自覚しているのでしょう)

この両者の対立構造は、日本に残された頼みの綱なのです。

せめて二権分立を死守しましょう。


<声を上げる芸能人が増えているのは、マスコミの力が低下していることの現れなのかもしれません>

スポンサーサイト



コメント 0