さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」 by ドイツ政府(モニカ・グリュッタース文化相)

「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」 by ドイツ政府(モニカ・グリュッタース文化相) サムネイル画像
「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」 by ドイツ政府(モニカ・グリュッタース文化相)ドイツ政府はフリーランサーや芸術家、個人業者への支援を強力に行います。文化は一度失われたら取り返すことが困難だからです。なのに日本は、「文化を守るために寛容さを」と訴える平田オリザさんに対して、卑劣な中傷が行われています。これは、大衆芸能を含めたアートに対して無理解な政府の姿勢を反映...全文を表示
「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」 by ドイツ政府(モニカ・グリュッタース文化相)


ドイツ政府はフリーランサーや芸術家、個人業者への支援を強力に行います。

文化は一度失われたら取り返すことが困難だからです。

なのに日本は、

「文化を守るために寛容さを」と訴える平田オリザさんに対して、卑劣な中傷が行われています。

これは、大衆芸能を含めたアートに対して無理解な政府の姿勢を反映しているのだと思います。

1万人で1人しか分からないのもアートだし、大衆を感動させるのもアートです。



スポンサーサイト



「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」 by ドイツ政府(モニカ・グリュッタース文化相)


ドイツ政府はフリーランサーや芸術家、個人業者への支援を強力に行います。

文化は一度失われたら取り返すことが困難だからです。

なのに日本は、

「文化を守るために寛容さを」と訴える平田オリザさんに対して、卑劣な中傷が行われています。

これは、大衆芸能を含めたアートに対して無理解な政府の姿勢を反映しているのだと思います。

1万人で1人しか分からないのもアートだし、大衆を感動させるのもアートです。



スポンサーサイト



コメント 0