さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「緊急事態宣言からの出口戦略」  by 京都大学レジリエンス実践ユニット(2020年4月22日)

「緊急事態宣言からの出口戦略」  by 京都大学レジリエンス実践ユニット(2020年4月22日) サムネイル画像
「緊急事態宣言からの出口戦略」  by 京都大学レジリエンス実践ユニット以下は藤井聡ユニット長による、4月22日の新型コロナウイルス対策の動画の要約です。PCR検査を多く実施しているアイスランドによると、新型コロナは無症状の感染者が半数以上もいる致死性が低い感染症なので、(要約者注:慶応大学附属病院の調査でも不顕性感染が6%でした)現在政府が採用している、「西浦流クラスター作戦(ウイルス完全撲滅作戦)は...全文を表示
「緊急事態宣言からの出口戦略」  by 京都大学レジリエンス実践ユニット


以下は藤井聡ユニット長による、4月22日の新型コロナウイルス対策の動画の要約です。



PCR検査を多く実施しているアイスランドによると、

新型コロナは無症状の感染者が半数以上もいる致死性が低い感染症なので、

(要約者注:慶応大学附属病院の調査でも不顕性感染が6%でした)

現在政府が採用している、

「西浦流クラスター作戦(ウイルス完全撲滅作戦)は、ほぼ確実に破綻します(by 京都大学レジリエンス実践ユニット・藤井聡ユニット長)。

アメリカのデータでは新型コロナの致死率は高齢者を含めても1%以下と、とても毒性が弱いからです。

(クラスター作戦は、エボラ出血熱のような致死性の高い疾患の場合に有効です)

にもかかわらず、クラスター作戦を続けると、かえって被害が増大します。

その理由は、自粛を半永久的に続けなくてはならなくなり、経済が大打撃を受けて、自殺者が激増するからです。

なので、

・ウイルスを短期間で撲滅する(=抑圧戦略)のではなく、
・ウイルス被害の最小化を目指す長期作戦(=緩和戦略)が有効です。

そのためには、接触機会の8割減ではなく、感染機会の8割減を目指すことが必要です。

5つの対策

・コロナ弱者(高齢者、基礎疾患がある人、妊婦)の徹底保護:医療崩壊を防ぐ
・徹底的な換気:空気感染をなくす
・飲食中の会話の自粛
・粘膜接触営業の自粛
・手洗い・顔接触回避・マスク:目と鼻を触らないことが最重要。手からはコロナは移らない。

スウェーデンの作戦もこれに基づいています。

イギリスも当初この戦略を採ろうとしましたが、ポピュリズム(とリスクを恐れた政治家)に負けて作戦を変えました。

これによって、ゆっくり感染させて、感染爆発を避け、円滑に集団免疫を獲得することができます。


<GW明けには、抑圧戦略→緩和戦略となることが大切だとのことです>

スポンサーサイト



「緊急事態宣言からの出口戦略」  by 京都大学レジリエンス実践ユニット


以下は藤井聡ユニット長による、4月22日の新型コロナウイルス対策の動画の要約です。



PCR検査を多く実施しているアイスランドによると、

新型コロナは無症状の感染者が半数以上もいる致死性が低い感染症なので、

(要約者注:慶応大学附属病院の調査でも不顕性感染が6%でした)

現在政府が採用している、

「西浦流クラスター作戦(ウイルス完全撲滅作戦)は、ほぼ確実に破綻します(by 京都大学レジリエンス実践ユニット・藤井聡ユニット長)。

アメリカのデータでは新型コロナの致死率は高齢者を含めても1%以下と、とても毒性が弱いからです。

(クラスター作戦は、エボラ出血熱のような致死性の高い疾患の場合に有効です)

にもかかわらず、クラスター作戦を続けると、かえって被害が増大します。

その理由は、自粛を半永久的に続けなくてはならなくなり、経済が大打撃を受けて、自殺者が激増するからです。

なので、

・ウイルスを短期間で撲滅する(=抑圧戦略)のではなく、
・ウイルス被害の最小化を目指す長期作戦(=緩和戦略)が有効です。

そのためには、接触機会の8割減ではなく、感染機会の8割減を目指すことが必要です。

5つの対策

・コロナ弱者(高齢者、基礎疾患がある人、妊婦)の徹底保護:医療崩壊を防ぐ
・徹底的な換気:空気感染をなくす
・飲食中の会話の自粛
・粘膜接触営業の自粛
・手洗い・顔接触回避・マスク:目と鼻を触らないことが最重要。手からはコロナは移らない。

スウェーデンの作戦もこれに基づいています。

イギリスも当初この戦略を採ろうとしましたが、ポピュリズム(とリスクを恐れた政治家)に負けて作戦を変えました。

これによって、ゆっくり感染させて、感染爆発を避け、円滑に集団免疫を獲得することができます。


<GW明けには、抑圧戦略→緩和戦略となることが大切だとのことです>

スポンサーサイト



コメント 0