さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

「シン・二ホン」 by 安宅和人

「シン・二ホン」 by 安宅和人 サムネイル画像
世界のゲームはすっかりかわりました。これまでは、土地や工場、石油などが利益を生みましたが、現在ではデータ+AIが利益を生みだします。時価総額の高い企業は、・2007年は、銀行、メーカー、石油業でしたが、・2019年ではGAFAが占めています。空間や資源という物理的な制約がなくなったので、成長のスピードが指数関数的(エクスポネンシャル)に早くなり、数年後の予測をすることが不可能になりました。この競争で日本は完全に...全文を表示
シンニホン (1)



世界のゲームはすっかりかわりました。


これまでは、土地や工場、石油などが利益を生みましたが、現在ではデータ+AIが利益を生みだします。

時価総額の高い企業は、

・2007年は、銀行、メーカー、石油業でしたが、
・2019年ではGAFAが占めています。

空間や資源という物理的な制約がなくなったので、成長のスピードが指数関数的(エクスポネンシャル)に早くなり、

数年後の予測をすることが不可能になりました。

この競争で日本は完全に出遅れています。

・データ(検索サイト、SNS、ショッピングサイトによって集まる)が少なく、
・データを処理するインフラ(電気代・通信代)がバカ高く、
・データを扱う人材(アメリカ>中国>インド>日本)、特にビッグデータを扱えるエンジニアが少ないからです。

ですが、まだ日本にも這い上がるチャンスがあります。

かつて、産業革命の時代に日本は、

・新エネルギーの発見という第一のフェーズではカヤの外でしたが、
・新エネルギーの活用、それによるシステム化のフェーズで世界に追いつき、追い越したからです。

現在のデータ×AI革命は、第1フェーズの終盤です。

日本が第2フェーズ以降で巻き返すためのアドバンテージは、

 ・出口産業(データ×AIを実用化する産業:コンビニ・自動車産業など)に強く、
 ・妄想力(妄想力の英才教育によって)がある人間が多いこと、

だとのことです。


<とっても、元気が出る本です。この機会に、ぜひ!>



スポンサーサイト



シンニホン (1)



世界のゲームはすっかりかわりました。


これまでは、土地や工場、石油などが利益を生みましたが、現在ではデータ+AIが利益を生みだします。

時価総額の高い企業は、

・2007年は、銀行、メーカー、石油業でしたが、
・2019年ではGAFAが占めています。

空間や資源という物理的な制約がなくなったので、成長のスピードが指数関数的(エクスポネンシャル)に早くなり、

数年後の予測をすることが不可能になりました。

この競争で日本は完全に出遅れています。

・データ(検索サイト、SNS、ショッピングサイトによって集まる)が少なく、
・データを処理するインフラ(電気代・通信代)がバカ高く、
・データを扱う人材(アメリカ>中国>インド>日本)、特にビッグデータを扱えるエンジニアが少ないからです。

ですが、まだ日本にも這い上がるチャンスがあります。

かつて、産業革命の時代に日本は、

・新エネルギーの発見という第一のフェーズではカヤの外でしたが、
・新エネルギーの活用、それによるシステム化のフェーズで世界に追いつき、追い越したからです。

現在のデータ×AI革命は、第1フェーズの終盤です。

日本が第2フェーズ以降で巻き返すためのアドバンテージは、

 ・出口産業(データ×AIを実用化する産業:コンビニ・自動車産業など)に強く、
 ・妄想力(妄想力の英才教育によって)がある人間が多いこと、

だとのことです。


<とっても、元気が出る本です。この機会に、ぜひ!>



スポンサーサイト



コメント 0