さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

アメリカは1929年の大恐慌の時にGDPが27%減少しました。

アメリカは1929年の大恐慌の時にGDPが27%減少しました。 サムネイル画像
アメリカは大恐慌の時(1929年~1933年)にGDPが27%減少しました。ゴールドマンサックスによる日本のGDPの試算によると、4、5、6の3カ月でGDPは25%減少するので、これが1年続けば年間で25%のGDP減少になります(よね)。アメリカの大不況時には、1931年にルーズベルトが大統領に就任し、100日間でニューディール政策(=雇用の創出)を策定し、金本位制を廃止(=お金をたくさん刷る)しました。これを踏まえれば、消費税を廃止...全文を表示
アメリカは大恐慌の時(1929年~1933年)にGDPが27%減少しました。


ゴールドマンサックスによる日本のGDPの試算によると、4、5、6の3カ月でGDPは25%減少するので、

これが1年続けば年間で25%のGDP減少になります(よね)。

アメリカの大不況時には、1931年にルーズベルトが大統領に就任し、100日間でニューディール政策(=雇用の創出)を策定し、金本位制を廃止(=お金をたくさん刷る)しました。

これを踏まえれば、消費税を廃止して、赤字国債を大量に発行するという方法が合理的ということになるでしょう(おそらく)。



スポンサーサイト



アメリカは大恐慌の時(1929年~1933年)にGDPが27%減少しました。


ゴールドマンサックスによる日本のGDPの試算によると、4、5、6の3カ月でGDPは25%減少するので、

これが1年続けば年間で25%のGDP減少になります(よね)。

アメリカの大不況時には、1931年にルーズベルトが大統領に就任し、100日間でニューディール政策(=雇用の創出)を策定し、金本位制を廃止(=お金をたくさん刷る)しました。

これを踏まえれば、消費税を廃止して、赤字国債を大量に発行するという方法が合理的ということになるでしょう(おそらく)。



スポンサーサイト



コメント 0