さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

さなぎ日記:あさなぎクリニック心療内科のブログです。こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

あさなぎクリニック・心療内科の
院長ブログです。
こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも。

肺炎というもの。

肺炎というもの。 サムネイル画像
肺炎がなくなる方が増えています。これについて考える前に、その大前提となるとても重要なことがあります。それは、人間は必ず死ぬということです。100%、間違いなく。肺炎で死ぬ人が増えた最大の理由は、人間が長生きをするようになったからです。若くして亡くなる病気の多くが克服されたので、肺炎で死ぬ割合が増えたということでしょう。(80代前半の人は、20代前半の人の1000倍肺炎でなくなります)もっとも、肺炎による死亡者...全文を表示
肺炎がなくなる方が増えています



肺炎2



これについて考える前に、その大前提となるとても重要なことがあります。それは、

人間は必ず死ぬということです。100%、間違いなく。


肺炎 死亡 (1)



肺炎で死ぬ人が増えた最大の理由は、人間が長生きをするようになったからです。若くして亡くなる病気の多くが克服されたので、肺炎で死ぬ割合が増えたということでしょう。

(80代前半の人は、20代前半の人の1000倍肺炎でなくなります)

もっとも、肺炎による死亡者数に関しては純粋に医学的とは言えない要因があります。

それは、以前も書きましたが、2017年から、肺炎の分類に誤嚥性肺炎を含めなくなったことがあります。ですが、「通常の肺炎」と「誤嚥性肺炎」を厳密に分けることは困難だと思います(寝ている間に唾液を吸い込んで肺炎を起こので)。

もう一つは、老衰の問題です。

老人病棟を抱える病院に勤務していた頃(一昔前のことです)、

末期の認知症で長期に入院されている超高齢者が他界した場合で、原因が分からないことも少なくありませんでした。

かつては、老衰と死亡診断書に書いたケースだと思うのですが、厚労省が、「できるだけ老衰とは書かず、何らかの原因をつけるように」指導をしたため、医師は老衰と書くのを憚るようになりました。

老衰が本来の死因かも知れませんが、老衰は「除外診断」なので、長期療養病棟などのような積極的な原因検索を行なわない病棟の場合には、つけられません。

そこで、数週間前にかかった肺炎や慢性の心不全を、(直接ではないけれど)死と関連がある疾患として記載していたと思います。

というように、死の分類に対する考え方によって死因は増減するのです。

人間が長寿になると、死の原因はあいまいになります。死の原因に関与する老衰(人間のDNAに書き込まれている死のメカニズムによる死)の割合が高くなると思います。

厳密にいうならば老衰90%、肺炎5%、その他5%というように。

人間は死ぬ動物です。死には原因があるはずで、その原因を取り除けば死なない、と考えるのは希望的な偏見に過ぎないと思います。


<緊急事態宣言がなされました。政府に望むのは、それが引き起こすであろう経済対策に本腰を入れて取り組むことです。1998年の再来にしないために>


スポンサーサイト



肺炎がなくなる方が増えています



肺炎2



これについて考える前に、その大前提となるとても重要なことがあります。それは、

人間は必ず死ぬということです。100%、間違いなく。


肺炎 死亡 (1)



肺炎で死ぬ人が増えた最大の理由は、人間が長生きをするようになったからです。若くして亡くなる病気の多くが克服されたので、肺炎で死ぬ割合が増えたということでしょう。

(80代前半の人は、20代前半の人の1000倍肺炎でなくなります)

もっとも、肺炎による死亡者数に関しては純粋に医学的とは言えない要因があります。

それは、以前も書きましたが、2017年から、肺炎の分類に誤嚥性肺炎を含めなくなったことがあります。ですが、「通常の肺炎」と「誤嚥性肺炎」を厳密に分けることは困難だと思います(寝ている間に唾液を吸い込んで肺炎を起こので)。

もう一つは、老衰の問題です。

老人病棟を抱える病院に勤務していた頃(一昔前のことです)、

末期の認知症で長期に入院されている超高齢者が他界した場合で、原因が分からないことも少なくありませんでした。

かつては、老衰と死亡診断書に書いたケースだと思うのですが、厚労省が、「できるだけ老衰とは書かず、何らかの原因をつけるように」指導をしたため、医師は老衰と書くのを憚るようになりました。

老衰が本来の死因かも知れませんが、老衰は「除外診断」なので、長期療養病棟などのような積極的な原因検索を行なわない病棟の場合には、つけられません。

そこで、数週間前にかかった肺炎や慢性の心不全を、(直接ではないけれど)死と関連がある疾患として記載していたと思います。

というように、死の分類に対する考え方によって死因は増減するのです。

人間が長寿になると、死の原因はあいまいになります。死の原因に関与する老衰(人間のDNAに書き込まれている死のメカニズムによる死)の割合が高くなると思います。

厳密にいうならば老衰90%、肺炎5%、その他5%というように。

人間は死ぬ動物です。死には原因があるはずで、その原因を取り除けば死なない、と考えるのは希望的な偏見に過ぎないと思います。


<緊急事態宣言がなされました。政府に望むのは、それが引き起こすであろう経済対策に本腰を入れて取り組むことです。1998年の再来にしないために>


スポンサーサイト



コメント 0