こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

「AIによって5年間で起こる5つのイノベーション」 by IBM 5 in 5

「AIによって5年間で起こる5つのイノベーション」


IBM 5 in 5


IBM1.jpg


1:AIにより、言葉がメンタルヘルスを知るきっかけとなる
2:ハイパー・イメージングとAI が私たちにスーパー・ヒーローのビジョンをもたらす
3:マクロスコープが限りなく細部にわたり地球の複雑さを理解することを支援する
4:チップ上のメディカル・ラボが私たちの健康探偵としてナノスケール・レベルでの病気の探知を行う
5:スマート・センサーが光速レベルで環境汚染を探知


1:AIにより、言葉がメンタルヘルスを知るきっかけとなる:

新しいコグニティブ・システムによって精神科医の問診を解析し、機械学習手法を組み合わせ、発達障害や精神疾患や神経変性疾患を診断する。

この方法でパーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、PTSD、自閉症、ADHDの診断ができるようになる。

IBMはAIによって様々な分野を変えようとしています。精神疾患の診断を第1に持ってきていることは偶然ではないでしょう。精神疾患さえAIは診断できるというアピールです。

AIは画像の処理が得意なので、皮膚科疾患の診断はすでに専門医を超えるレベルだそうです。

もっとも、そんなことを言えば、心電図やMRIやエコーだってそうでしたが。

精神科の医療の根幹はそうそうは変わらないと思います。診断ができても治療ができないからです。精神科の治療にとって一番重要なことはプラセボ効果です。

プラセボ効果とは、いわば「好きな人のいうことを信じる」とうことです。

人間はしばらくは、AIとは恋愛関係にはならないでしょう(将来は分かりませんが)。

<第113回精神神経学会で、溝上敏文さん(日本IBM)のお話しを聞きました。目を逸らしていたら、おいていかれると思いました>


藤井



<藤井四段の29連勝を伝える新聞紙面に、「人間ゆえの魅力」と書かれていました。人間はここまで追い込まれているんだなと思いました>


スポンサーサイト
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら