こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

髄鞘の再生(=再ミエリン化) アルツハイマー病のミエリン仮説

少し復習します。


神経は電気のコードのようなものです。


神経細胞2


コードの中の電線は軸索で、髄鞘(ミエリン鞘)はビニールの絶縁体です。

髄鞘があると伝達の効率がめちゃくちゃ速くなります(~100倍)。ヒトの場合、赤ちゃんの時に重要なところから徐々にミエリン化され、30代後半になるとで脱髄化(ミエリンがなくなる)が始まります。

ミエリン鞘

脱髄といえば多発性硬化症が有名ですが、アルツハイマー病でも脱髄が起こります(「ミエリン化に人参養栄湯が効く」)。


オリゴデンドロサイト


中枢神経ではミエリン鞘はオリゴデンドロサイトが作ります(末梢神経ではシュワン細胞。この二つをグリア細胞と言います)。神経細胞の軸索に、樹状突起をグルグルと巻き付けて。神経細胞の維持と栄養補給を担います。

復習は以上です。

では一体どのように再ミエリン化されるかというのが今日のお題です。

野田昌晴さん(自然科学研究機構・基礎生物学研究所・教授)らの研究です(2015年9月2日・The Journal of Neuroscience)。


再ミエリン化


 ・クプリゾンという物質をマウスに与えるとオリゴデンドロサイトが傷つき、髄鞘が壊れます(=脱髄)。


再ミエリン化2


 ・すると傷ついた神経細胞からpleiotrophinというタンパク質が分泌されます。

 ・pleiotrophinは、OPC(oligodendrocyte precursor cell:オリゴデンドロサイト前駆細胞)のPTPRZ(Receptor-type tyrosine-protein phosphatase zeta:受容体型プロテインチロシンホスファターゼ)受容体と結合します。

 ・PTPRZはOPCが成熟するのにブレーキをかけており、pleiotrophinが結合すると、この作用が解除され、

オリゴデンドロサイト2


 ・オリゴデンドロサイトが成熟して、

 ・再ミエリン化されます。



<ということは、pleiotrophinのように、PTPRZを抑制する薬を開発すれば、脱髄性疾患の治療につながるでしょう>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このミエリンの主要な構成タンパク質はMBP(myelin basic protein:ミエリン塩基性タンパク質)です(PLP、MAG、CNPなど他にもいろいろありますが、ミエリンに異常が起こる時にはMBPに変化が起きます)。


MBP.jpg


MBPを一部欠損させたマウス(シバラーマウス:shiverer mouse. 突然変異マウスで、神経軸索のミエリンの形成不全により痙攣発作を起こす)は、電気信号が伝わらず運動失調を起こし100日ほどで死んでしまいます。

また、MBPが足りないと、アミロイドβが増加します(アルツハイマー病のアミロイド仮説の主役です。「アデュカヌマブ・・」参照)。

これはどうしてか?

アミロイドβはAPP(Amyloid-β precursor protein:アミロイドβ前駆体タンパク質)からセクレターゼによって切り出されて作られます。この経路には2通りあります。

APP.gif


 ・最初にαセクレターゼが働く(中心から→に進むと)と、sAPPαという可溶性の神経栄養因子ができ(=非アミロイド産生経路)、
 
 ・最初にβセクレターゼ(=BACE)が働く(←)と、sAPPβができ、そこにγセクレターゼ(=PS1)が働くとアミロイドβ(=Aβ40/42)ができます。

MBPを欠損させたシバラーマウスでは、非アミロイド産生経路が阻害され、アミロイドβが増えました。MBPはアミロイドβを減らす作用があるということです。

つまりMPBが足りないとアルツハイマー病になります(ミエリン仮説が正しければ単にアミロイドβが増えるだけですが)。

MBPには4つのアイソフォームがあります。そのうちの一つMBP21.5KDaは再ミエリン化に最も重要です。人参養栄湯はMBP21.5KDaの回復と、再ミエリン化に有効なことが分かっています。

人参養栄湯の有効成分は、陳皮(ちんぴ=普通の温州みかんの皮です)のフラボノイド成分の、

 ・ヘスペリジンと
 ・ナリルチンです。

<いろいろ書きましたが、まとめると、ミカンの皮を食べると認知症になりにくくなるというような単純な話でした。あれっ、やっぱりそんなに単純じゃないですね>



スポンサーサイト
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら