こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

Ill Communication   Beastie Boys

ビースティー・ボーイズ 「イル・コミュニケーション」


ビースティーボーイズ3


ビースティーボーイズは2012年に解散しました。リーダー格のMCA(=アダム・ヤウク)が耳下腺の癌で亡くなったからです。

パンクとして出発し、ラップに転向しました。当時は白人のラップは黒人文化の搾取と言われました。その後ハードロックを取り入れ、この第4作ではジャズも、チベット仏教の読経も(ShanbalaとBodhisattva Vowで)サンプリングしています。

新旧の音楽要素や宗教さえミックスする手法は斬新でした。

1970年代後半~1980年代末期までは、それ以前のロックファンにとっては不完全燃焼な時期だったと思います。

ビースティーがラップにロックを取り入れたことで、ようやくロックファンが戻って来たと言っていいのではないでしょうか。その流れをレッチリがメインストリームにしました。

ビースティーボーイズではこれが一番好きです。

何ともう20年以上前の作品なんですね。今考えてみれば90年代はロックが熱かったですね。パンク+ハードロック=グランジ・オルタナの雄、ニルバーナ。ブリットポップ界ではオアシスとブラーの対決。後半はレディオヘッドでしょうね。


スポンサーサイト
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
21位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
21位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら