こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」   ミレー展 生誕200年

ミレー 夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い


「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」

農民は、その土地と共同体に縛られて生きていかなくてはなりません。かつての日本では農民は関所を越えられませんでした。村人と協力し合わなければ、農作物を収穫することはできません。かつては武士に比べて、現代ではサラリーマンや企業家に比べて自由が制限されているように感じます(偏見かもしれません)。

ジャン・フランソワ・ミレーは、無名の農民を好んで描きました。それまでは絵画の題材として取り上げられることのなかったテーマです。

羊飼いは、農村の社会から離れて暮らします。一匹の犬が友人です。牧草を求めて旅をします。夕暮れの中、寒さにマントをかきあわせる羊飼いは孤独ですが、共同体に縛られない自由を感じます。

ミレー 種まく人


「種まく人」

フランスの二月革命直後の第二共和政下で賞賛をあつめました。無名であることが強烈なメッセージになっています。


<山梨県立美術館には久しぶりに出かけました。8月最後の土曜日で、大勢の方が来ていました>


スポンサーサイト
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
7位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
7位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら