こころの健康、コミュニケーション、おいしいお店や、映画のことも 

犀の体型  あるいは 差異の体系   ソシュール

rhinoceros (鼻に角を持つもの)


犀


犀(さい)って一番恐竜っぽいと思います。まるで甲冑(かっちゅう)を纏っているようです。

ところで差異です。

フェルディナン・ド・ソシュール(Ferdinand de Saussure 1857年- 1913年 現代言語学の祖です)は、言葉は差異の体系だと言いました。

これはどういうことかというと、言葉というものはある実態があるものに名前をつけたものではなく、あるものとあるものの違いを示すものに過ぎないということです。

「明けの明星」も「宵の明星」も同じ金星ですが、そう名付けることによって別のものになるという(ような)ことです(大昔は別の星だと思われていたそうですが・・)。

虹を七色に分けるのもそういう名前をつけたからそうなります。10個の名前をつければ虹は十色になります。

心の病気の名前について考える時に、このソシュールの言葉がいつも頭に浮かびます。そういう病名をつけることによってあたかも実態としての病気があるかのように思えてきます。

社交不安障害などという大層な名前をつけることによって、それまでは単なる人見知りだったのに、あたかも立派な病気になり、薬を飲んで治すような病気になりました(薬が利くので、病気として認知されたともいえるでしょう)。もちろん良いことです。

ADHDもそうです。もともとは愛すべきうっかり屋さんだったのに、発達障害なんていう厳しい病気に分類されました。これも薬が効きます。その内に、「脇が甘い病」とか「お人好し病」なんてものが生まれてもおかしくありません。

うつ病も時代によってその範囲が拡がったり狭まったりします。最近では随分広がりました。軽い方にも重い方にも。新型とか、非定型とか、逃避型とかサブタイプも沢山あります。言葉は生き物だなと思います。そういう意味でも興味深いと思います。

私たちは、言葉を通して世界を見ています。朝焼けと夕焼けという言葉がなかったら、赤とんぼは飛ぶ空を失うでしょう。

なーんてね。


スポンサーサイト
プロフィール

ドクターサナギ

Author:ドクターサナギ
「あさなぎクリニック」心療内科・精神科・メンタルクリニックの医師です。反田克彦(そりた・かつひこ)と申します。クリニックは山梨県甲府市の蓬沢町にあります。国道20号(甲府バイパス)の近くで、石和や八代(笛吹市)や甲州市からも、大月や都留、南アルプス市や韮崎、北杜市からのアクセスも良好です。臨床心理士によるカウンセリング、うつ病の復職支援施設・リワークポルト、あさなぎカフェも併設されています。

本を読んだり、音楽を聴いたり、昔の映画を見るのが好きです。どうぞよろしく。

あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら”

無料メール相談を始めました↑。 ホームページにフォームがあります(現在休止中です)。お気軽にどうぞ。

 「人見知りが治るノート」の紹介

人見知りが治るノート表紙

人見知りを自分でなおすための実践的なノウハウが書かれています。認知行動療法の考え方を使いますが、難しくはありません。自分ひとりで練習できます。ありそうでなかった新しいジャンルの本です。
応援していただければ、とてもうれしいです。よろしくお願い致します。

>>詳細・購入はこちら
(Amazonの商品ページへ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クリニックの公式HP
あさなぎクリニック・心療内科の公式ホームページはこちら